ニュース

米国シニアチャールズ・シュワブ・カップ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2011年 チャールズ・シュワブ・カップ選手権
期間:11/03〜11/06 TPCハーディングパークGC(カリフォルニア州)

ハースとカプルスが首位! 賞金王へレーマンも好発進

◇米国シニアツアー最終戦◇チャールズ・シュワブ・カップ選手権 初日◇TPCハーディングパークGC (カリフォルニア州)◇7,113ヤード(パー71)

例年ハイスコアでの優勝争いが繰り広げられるシーズン最終戦だが、初日は雨が降るなど天候が変わりやすく、気温の急激な変化にスコアが伸び並んだ。首位で初日を終えたのは、昨年賞金ランキングで2位となったフレッド・カプルスと、2006年、07年の賞金王ジェイ・ハースの2人。

カプルスは前半9ホールで5つのバーディを奪い飛び出したが、後半に入ると17番までに3つのボギーをたたいてしまう。それでも最終18番でこの日6つ目のバーディを奪いハースと並び3アンダーでホールアウトした。

首位と1打差の2アンダー3位タイにはマイケル・アレンと南アフリカのデビッド・フロスト。1アンダー5位タイにはケニー・ペリートム・レーマン、カナダのロッド・スピットルの3人が並んでいる。

最終戦を賞金ランク1位で迎えたレーマンが初の栄冠に向け好スタートを切った。レーマンに対し、逆転で賞金王となる挑戦権を持つマーク・カルカベッキアはイーブンパーの8位タイ。昨年、この最終戦を制したジョン・クックも現在ランキング2位で逆転のチャンスを持つが、2オーバー17位タイと出遅れてしまった。

おすすめ記事通知を受け取る

2011年 チャールズ・シュワブ・カップ選手権




特集SPECIAL

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
松山英樹や石川遼の活躍で注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのスマートフォンへお届けします。
世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。