GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内女子 SANKYOレディースオープンの最新ゴルフニュースをお届け

不動を筆頭に実力4選手が首位タイ

順位 選手名 通算 合計
1 不動裕理 -3 69
1 肥後かおり -3 69
1 藤井かすみ -3 69
1 黄玉珍 -3 69
5 芳賀ゆきよ -2 70
5 那須ミネコ -2 70
5 田尻みか -2 70
5 西田智慧子 -2 70
9 簔城美香 -1 71
9 木村敏美 -1 71

スコア詳細を見る

群馬県で開催されているSANKYOレディース初日は、不動裕理藤井かすみ肥後かおり・黄玉珍が3アンダートップに並んだ。実力の若手、ベテランがまざって、競技は面白い運びになりそうだ。1打差2位には今年プレーオフまで進みつつも敗れている那須美根子・芳賀ゆきよ・田尻美香・西田智慧子の4人。先週優勝の安井純子は2オーバー60位タイと出遅れ気味。

1メートルほどのパットを外して何度かのチャンスを逃した不動裕理。今週は月・水曜日は練習をしないで、ゆっくりと過ごしてリフレッシュ。それが効いたのかパットとは逆にショットは「すごく」良く、ピンに絡んで4バーディ、2ボギー。「明日、明後日のことは分かりませんが、先週よりは元気にクラブを振れています」

1億円突破が近いが気にしていない。ひとごとの気分だ。6勝目については「今日ぐらいの調子だと無理ですね」と。やはり、勝つには1メートルのパットをキッチリ入れることが大切という。

3パットがありながらもショットは抜群という藤井かすみ。一昨年から取り組んでいるフェード打ちにで、連続でミスをすることがなくなり、ゴルフも我慢できるようになった。 我慢の練習の後には気分転換にパチンコをすることがある。「SANKYOの台にやられているので、仕返しにこの大会で優勝したいです」 よほど悔しいのか、負けが大きいのか分からないが、今まで負けた分を全部回収すると意気込んだ。

8月の軽井沢72ゴルフから風邪のため体調を崩していた肥後かおりは「私のスウィングはフットワークが命。今日はいいところでバーディが来たのが気分的によかった」 今回は3日間完走することが目標だ。


特集SPECIAL

女子プロはみんなやっている! 高性能スイングセンサー『フルミエル』で分析!一般男性の飛距離を上回る女子プロたち。『フルミエル』を使い、いま最も勢いのある13人のスイングを徹底解剖。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!5月のマンスリーゲストには曽田千春プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。