最近のニュース 新着一覧≫


2018/12/02クイーンズカップbyジェイディーファウンデーション

フィリピンの24歳がツアー2勝目 高橋賢は57位

バーディ、1ボギーの「66」でプレーし、通算20アンダーとしてツアー2目を挙げた。 3打差の通算17アンダー2位にジョハネス・ヴィーアマン(米国)。通算16アンダーの3位にジャズ・ジェーンワタナノンド(タイ)が入った。 高橋賢は通算1アンダーの57位で終えた。
2016/07/31マルハンカップ 太平洋クラブシニア

マークセンがシニア初勝利 鈴木亨は後退4位

バーディの「63」で回り、通算13アンダーとして逆転優勝を飾った。 昨年の「ダンロップ・スリクソン福島オープン」を含む国内ツアー5のマークセンは、ことし1月に50歳になった。今季も日本とアジアの…
2016/05/13モアサプライズカップ

溝口英二が単独首位 トップ10に実力者ずらり

、6バーディ1ボギーの「67」で5アンダーとし単独首位発進を決めた。溝口はレギュラーツアー2を誇る51歳。 1打差の2位には奥田靖己、さらに1打差で加瀬秀樹、崎山武志、高橋勝成の3人が3位に並んだ。また2アンダーの6位にも室田淳、尾崎直道ら実力者がずらり。倉本昌弘は1オーバー26位につけている。
2022/05/04ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ

2勝目を狙う高橋彩華 初優勝を挙げて消えた“雑音”

いつも通り、初日にはすっかり痛みが抜ける算段だ。「今は筋肉痛すぎて調子がよくわからないけど、たぶん大丈夫」と、高橋彩華は穏やかに笑う。 2試合前の「フジサンケイレディスクラシック」で初優勝を挙げてから…
2020/01/10topics

静から動へ テーラーメイド「M」からの卒業

テーラーメイドが選択したのは「M」シリーズからの“卒業”だった。同社は9日、ゴルフクラブの新たなブランドとして「SIM(シム)」シリーズを発表。担当の高橋伸忠ディレクターは「Mを卒業して、次のレベル…
2008/03/07

高橋美保子がピンと用品契約を締結

ピンゴルフジャパンは6日(木)、国内ツアー通算3を挙げている高橋美保子との用品使用に関する契約の締結を発表した。同社と契約を交わす国内の女子プロゴルファーとしては、昨年の吉田藍子、安田このみに…
2004/07/20ゴルフ5レディスプロゴルフトーナメント

ツアー通算30勝まであと1勝!不動裕理が永久シードを狙う

高橋美保子と中島千尋による壮絶な一騎打ち。中島が首位を走る高橋に1打差まで詰め寄るも、最終18番でボギーを叩き力尽き、高橋はツアー通算3目を飾った 。今季の高橋は7試合に出場し、予選通過は3回と…
2016/11/26いわさき白露シニアゴルフトーナメント

倉本昌弘が最終戦で今季初Vなるか

◇国内シニア◇いわさき白露シニアゴルフトーナメント 2日目(26日)◇いぶすきゴルフクラブ開聞コース(鹿児島)◇6923yd(パー72) 初日に「65」で単独トップに立った2010年、2014年シニアツアー賞金王の倉本昌弘。2日目も4バーディ、2ボギーの「70」とスコアを伸ばし、通算9アンダーで単独トップを守った。2打差の2位には「69」でプレーし、通算7アンダーの川瀬順次。通算6アンダー、3位には羽川豊、真板潔、室田淳、冨永浩、鈴木亨が続く。 倉本は「前半は、なかなかバーディが取れず難しい1日になった。朝から『最終日は雨で中止になるかもしれない』との話だったので、2日目に1位にならないといけ...
2016/11/25いわさき白露シニアゴルフトーナメント

「65」の倉本昌弘が単独トップスタート

昌弘が、最終戦で今季初優勝に向けて単独トップでスタートした。1打差の6アンダー、2位に高橋勝成。5アンダー、3位に中嶋常幸が続く。 「まあまあよかったラウンドだった。朝は風が強かったけど、その風も…
2019/06/23ニチレイレディス

鈴木愛が連覇&2週連続V 高橋彩華とのプレーオフ制す

首位に立った。プレーオフでは1ホール目でバーディを奪い、大会連覇と自身初の2週連続優勝を果たした。今季3目でツアー通算12目。 正規ラウンドでは、単独首位から出た20歳の高橋彩華が3バーディ、3…
2017/11/23

アジア下部ツアーで初の日本人賞金王誕生か?

マレーシアを中心に年間20試合が組まれているアジア下部のADTツアーは、残り3試合(※)。現在、賞金ランクトップには31歳の高橋賢が立っており、日本人初の同ツアー賞金王を目指している。 今季は1で…
2007/10/08SANKYOレディースオープン

3つ巴のプレーオフを制し、キム・ソヒが日本ツアー初優勝!

わずかに届かずグリーン手前の池へ、今季4目の夢とともに消えていった。 一方、それぞれ安全なピン上につけたキム、高橋の2人の勝負はパッティングへ。先に15m近いフックラインを読みきったキムが、このパット…