ニュース

アジアンの最新ゴルフニュースをお届け

アジア下部ツアーで初の日本人賞金王誕生か?

2017/11/23 12:23


マレーシアを中心に年間20試合が組まれているアジア下部のADTツアーは、残り3試合(※)。現在、賞金ランクトップには31歳の高橋賢が立っており、日本人初の同ツアー賞金王を目指している。

今季は1勝で、ツアー通算2勝。2011年にADTに初参戦してから、一歩ずつ階段を上がってきた。今季の獲得賞金額は4万6091ドル(約512万円)で、2位のパンナコーン・ウチャイパ(タイ)とは、わずかに202ドル(約2.2万円)という僅差だ。

<< 下に続く >>

高橋は2015年、賞金ランキング6位となった。ADTツアーからは毎年賞金ランキング上位5人がアジアンツアー出場権を獲得できるが、これに惜しくも届かなかった。

ADTツアーの公式サイトでは、高橋の「賞金王になりたい。そのために、これからの試合でもいまの調子の良さをキープしたい。それがいまの目標です」とのコメントを紹介している。

(※) 今季残りのADTツアー日程
11月22-25日:PGM ユーラシア・ペラク選手権(マレーシア)
12月7-10日:トンチャイ・ジェイディファンデーション(タイ)
12月21-24日:ブーンチュ・ルアンキット選手権(タイ)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




特集

世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!