ニュース

国内シニアマルハンカップ 太平洋クラブシニアの最新ゴルフニュースをお届け

マークセンがシニア初勝利 鈴木亨は後退4位

◇国内シニア◇マルハンカップ 太平洋クラブシニア 最終日◇太平洋クラブ六甲コース(兵庫県)◇6830yd(パー72)

首位に4打差の4アンダー4位から出たプラヤド・マークセン(タイ)が1イーグル、7バーディの「63」で回り、通算13アンダーとして逆転優勝を飾った。

昨年の「ダンロップ・スリクソン福島オープン」を含む国内ツアー5勝のマークセンは、ことし1月に50歳になった。今季も日本とアジアのレギュラーツアーを主戦場とする一方で、国内シニアツアーはこれが3試合目。過去2試合もトップ10に入っており、2日間大会でしっかり実力を誇示した。

2打差の通算11アンダー2位に真板潔。10アンダー3位に高見和宏が入った。マークセンと同じくシニア1年目の鈴木亨は初日を終えて単独首位だったが、後半の3ボギーが響いて「71」。通算9アンダーで高橋勝成尾崎直道と並び4位だった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 マルハンカップ 太平洋クラブシニア




特集

世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。