2015/07/01佐渡充高のPGA選手名鑑

<選手名鑑163>ケビン・キスナー

れ、難コースのTPCソーグラス、最終日は首位のクリス・カークに1打差で最終組でスタートし、「69」の会心のプレーを見せた。通算12アンダーでリッキー・ファウラー、セルヒオ・ガルシアと並び、3ホールの
2014/02/28PGAコラム

ベアトラップ基礎知識

キャンベル:3アンダー(14ラウンド) アーロン・オーバーホル:2アンダー(8ラウンド) ケニー・ペリー:2アンダー(14ラウンド) カイル・スタンリー:2アンダー(10ラウンド) ピーター
2014/05/28佐渡充高のPGA選手名鑑

<佐渡充高の選手名鑑 121>チャーリー・ホフマン

アダム・スコットに刺激 ジュニア時代の活躍が評価され、ゴルフの名門ネバダ大学ラスベガス校へ奨学生として進学した。入学時は3年生にクリス・ライリー、チャド・キャンベルら学生ゴルフ界のスター選手がいた
2013/08/05WGCブリヂストンインビテーショナル

ウッズが愛してやまない相性抜群の3コース

WGC NECインビテーショナル -6(66 70 67 71) 1打差(C.ディマルコ) ・2001 WGC NECインビテーショナル -12(66 67 66 69) プレーオフ(J.フューリック
2013/01/26ヨーロピアンツアー公式

欧州ツアー初優勝を狙うウッドが首位へ

これまでに10位以内の成績を19大会で収めた事のある、イングランド出身クリス・ウッドは「コマーシャルバンク・カタールマスターズ」で、欧州ツアー初となる優勝を勝ち取るチャンスを大きく広げた。 80名
2013/01/26コマーシャルバンク・カタールマスターズ

C.ウッドが単独首位に浮上!3打差リードで初勝利に王手

◇欧州男子◇コマーシャルバンク・カタールマスターズ 3日目◇ドーハGC(カタール)◇7,400ヤード(パー72)◇ 首位タイに4選手が並んでスタートした混戦の3日目、10位タイからスタートしたクリス
2011/11/27カシオワールドオープンゴルフトーナメント

冨山、河瀬らが初シード 国内男子賞金シード確定

・コンラン、星野英正、すし石垣、佐藤信人が復帰した。 一方、富田雅哉、甲斐慎太郎、細川和彦、貞方章男、井上信、許仁會(ホ・インヘ)、谷口拓也、クリスキャンベルらがシード権を喪失した。 なお、賞金
2010/10/15フライズ・ドットコム・オープン

日本の今田竜二が2位タイと好スタート!

。なかでも今田は、17番、18番で連続バーディを決めるなど、計6つのバーディを奪取。ノーボギーという完璧な内容で2位タイの好位置につけている。 そのほかの注目選手では、クリス・ディマルコ、ティム・ヘロン
2010/10/14日本オープンゴルフ選手権競技

H.リーが首位!石川、松山も4位タイの好スタート!!

4アンダー単独3位はオーストラリアのクリスキャンベル。 そして、3アンダー4位には、石川遼、先週アジアアマチュア選手権で優勝し、来年度のマスターズ出場資格を掴んだ松山英樹。さらに甲斐慎太郎、上井邦浩
2010/07/16リノ・タホオープン

M.ベッテンコートが単独首位!C.ディマルコが1打差で追う!

イーグルを挟んでおり、大きな痛手にはなっていない。このまま最後まで走り切ることができるか、明日のゴルフにも注目したい。 そのベッテンコートを1打差で追っているのはクリス・ディマルコ。順調な立ち上がり
2010/05/27ダイヤモンドカップゴルフ

武藤が単独首位発進!石川遼は出遅れる

(オーストラリア)。4アンダーの5位タイに宮本勝昌、谷原秀人、クリスキャンベル(オーストラリア)ら5人が続いている。 石川遼はドライバーの安定性に欠け、2バーディ、5ボギーの「75」。「ドライバー
2009/12/07

石川遼が過去最多の9冠! 池田勇太は新人賞

賞 / クリスキャンベル ・特別賞 / 片山晋呉、石川遼 ・ドライビングディスタンス賞 / 額賀辰徳 ・フェアウェイキープ率賞 / 金享成 ・サンドセーブ率賞 / 梶川剛奨 ・トータルドライビング賞 / 武藤俊憲 ・ゴルフ記者賞 / 石川遼 ・Most Impressive Player賞 / 石川遼
2008/10/08バレロテキサスオープン

来季シード権を巡る熾烈な争いに注目

ダスティン・ジョンソン、チャド・キャンベル、ショーン・オヘアらが参戦を予定している。また、今季はボーダーライン上の賞金ランク125位(10月6日現在)と苦戦が続いているザック・ジョンソン、同131位のデービス・ラブIII、同153位のクリス・ディマルコらも出場。彼らにとっては、結果が求められる戦いが続く。
2007/11/25カシオワールドオープンゴルフトーナメント

手嶋多一が大逆転勝利! 賞金王の行方は最終戦へ!

、そして嬉しい今季初勝利を飾った。 首位に3打差の4位タイからスタートした手嶋は、序盤からバーディを先行させて上位との差を縮めていく。バックナインに入り、17番のバーディで首位のクリスキャンベル
2007/11/13三井住友VISA太平洋マスターズ

B.ジョーンズが劇的な勝利! 石川遼は38位タイで終える

ジェフ・オギルビーとクリスキャンベル。片山晋呉は通算7アンダーの10位タイに終わり、谷口との賞金額差は約2,700万円に開いた。 ■見事優勝したB.ジョーンズ使用のぶっ飛びドライバーはコレ!