ニュース

米国男子プレジデンツカップの最新ゴルフニュースをお届け

2005年 プレジデンツカップ
期間:09/22〜09/25 ロバート・トレント・ジョーンズGC(バージニア州)

米国代表が巻き返し、11対11のイーブンに!

バージニア州、ロバート・トレント・ジョーンズGCで行われている、米国代表とヨーロッパを除く世界選抜のチーム対抗戦「プレジデンツカップ」の3日目。この日は、午前にフォアサム5試合、午後にフォアボール5試合の計10試合が行われ、米国代表が世界選抜に追いつき11対11のイーブンとした。

午前の第1試合が引き分け後の第2試合。フィル・ミケルソンクリス・ディマルコが大活躍。3ホールを残して世界選抜のアンヘル・カブレラ(アルゼンチン)、マイケル・キャンベル(ニュージーランド)組に圧勝した。

左肩負傷のタイガー・ウッズと、アバラを痛めているジム・フューリックは出場までもが心配されたが、その2選手がタッグを組み、午前、午後とも強豪ビジェイ・シン(フィジー)、スチュアート・アップルビー(オーストラリア)組と対戦。接戦の末、午前は18番で引き分けに持ち込み、午後は16、18番でアップし見事勝利を収め、世界選抜に追いつく貴重な1ポイントを獲得した。

最終日はシングルス12試合の予定。勢いのある米国代表が逆転勝利出来るのか、各選手のプライドがぶつかり合う。

おすすめ記事通知を受け取る

2005年 プレジデンツカップ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。