2019/10/10日本プロゴルフシニア選手権大会 住友商事・サミットカップ

最新1Wのマークセンら5人首位 前年Vの米山剛は1打差6位

ドライバー』を初投入。「飛距離も出ていたので良かった」と好感触を口にし、2016年に続く大会2勝目へ好スタートを切った。 4アンダー6位に前年覇者の米山、塚田好宣ら7人。3アンダー13位に倉本昌弘、鈴木亨
2019/10/09日本プロゴルフシニア選手権大会 住友商事・サミットカップ

シニアプロ日本一決定戦 米山剛が連覇&今季初V狙う

10日(木)から4日間、茨城県石岡市のサミットゴルフクラブで開催される。119人が賞金総額5000万円(優勝賞金1000万円)を懸けて争う。 前年大会は米山が2日目から首位を守り、後続に4打差をつけて
2018/10/25福岡シニアオープンゴルフトーナメント

舞台は福岡 マークセン、米山剛ら出場

で開催される。昨年大会最終日は首位からでた三好隆が4バーディ、2ボギーの「70」でプレーし、通算7アンダーで制した。 昨年大会覇者の三好隆は不在。今季5勝で3年連続の賞金タイトルを目指すプラヤド・マークセン(タイ)、同ランク2位の米山、同3位のグレゴリー・マイヤーらが出場予定だ。
2018/10/05日本プロゴルフシニア選手権大会 住友商事・サミットカップ

P.マークセンと米山剛が首位浮上

◇国内シニアメジャー◇日本プロゴルフシニア選手権大会 住友商事・サミットカップ 2日目(5日)◇サミットGC(茨城)◇7018yd(パー72) ともに3位から出たプラヤド・マークセン(タイ)と米山
2018/10/07日本プロゴルフシニア選手権大会 住友商事・サミットカップ

米山剛がシニアプロ日本一 鈴木亨は2年連続の2位

◇国内シニアメジャー◇日本プロゴルフシニア選手権大会 住友商事・サミットカップ 最終日(7日)◇サミットGC(茨城)◇7018yd(パー72) 2打リードの単独首位から出た米山が6バーディ、ボギー
2017/08/20ファンケルクラシック

米山剛、イーグルで5選手のプレーオフ制す

◇国内シニア◇ファンケルクラシック 最終日(20日)◇裾野カンツリー倶楽部(静岡県)◇7009yd(パー72) 52歳の米山が5選手によるプレーオフを制して、シニアツアー初優勝を挙げた。首位から5
2018/10/06日本プロゴルフシニア選手権大会 住友商事・サミットカップ

米山剛が単独首位で最終日へ 鈴木亨が2打差2位

◇国内シニアメジャー◇日本プロゴルフシニア選手権大会 住友商事・サミットカップ 3日目(6日)◇サミットGC(茨城)◇7018yd(パー72) 首位タイからスタートした米山が7バーディ、1ボギーの
2019/07/01記録

「全英オープン」歴代優勝者&日本人成績

晋呉 予落田中秀道 予落小達敏昭 予落 ロイヤルリザム&セントアンズ 2000 タイガー・ウッズ 米山 41位丸山茂樹 55位細川和彦 70位友利勝良 予落佐藤信人 予落宮瀬博文 予落今野康晴 予落
2019/10/20トラストグループカップ 佐世保シニアオープンゴルフトーナメント

秋葉真一が逆転V ツアー通算5勝目

話した。 単独首位で出た日本プロゴルフ協会会長の倉本昌弘は6バーディ、3ボギー1ダブルボギーの「71」で回り、通算4アンダー2位に終わった。 通算3アンダー3位にソク・ジョンユル(韓国)と水巻善典の2人。通算2アンダー5位に米山、河村雅之、崎山武志、グレゴリー・マイヤーの4人が並んだ。
2017/08/25広島シニアゴルフトーナメント

米山剛が2週連続優勝 川岸良兼9位、倉本昌弘は41位

◇国内シニア◇広島シニアゴルフトーナメント 最終日(25日)◇広島カンツリー倶楽部 西条コース◇パー71 初日首位の米山が9バーディ、1ボギーの「63」でプレーして通算14アンダーで逃げ切り、前週
2019/08/28広島シニアゴルフトーナメント

塚田好宣がシニアデビュー 2年ぶりの広島開催

いる。 昨年大会は西日本を襲った豪雨被害のために延期となり、2年ぶりの開催。17年大会は米山が通算14アンダーで優勝を飾っている。地元・広島出身の倉本昌弘、田村尚之らにも注目だ。
2019/05/27マスターカード日本選手権

日本開催の米シニアツアーに伊澤利光が出場へ 推薦追加発表

、日本プロゴルフ協会会長の倉本昌弘、プラヤド・マークセン(タイ)、鈴木亨、米山、深堀圭一郎、今年4月の「三菱電機クラシック」で米シニアツアーデビューした元メジャーリーグ投手の長谷川滋利の6人。残る1枠は
2019/06/08マスターカード日本選手権

伊澤利光が3打差7位 首位にS.マッキャロン

。 伊澤利光が「70」でプレーし、日本勢トップとなる通算5アンダー7位。米山が通算3アンダー13位につけた。首位で出た米国籍のケン・タニガワは「77」と崩れ、深堀圭一郎と並んで通算2アンダー18位とした