ニュース

国内男子久光製薬KBCオーガスタゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

野上貴夫 単独首位。1打差に米山剛

晴天の芥屋は好スコアが続出した。野上貴夫はボギーなしの8バーディ。64をマークして単独首位。今年初勝利で自信を深め、全英オープンでも活躍の米山剛もボギーなしの6バーディ66。

「無我夢中でプレーして、気がついてみたらこんな大変なスコアになっていた」という野上貴夫。今日は自然にウランドすることができた。 日大出身の28歳。97年にプロ入りしている。昨年の賞金ランキングは68位だった。

病気あがりで体調不良のはずの尾崎健夫は2ラウンド目もまずまずの69。また一時は疾走しそうな気配をみせた本命ジャンボ尾崎は3つ伸ばすにとどまった。明日、王者の貫祿をみせてまくり切れるか。大会4連覇がかかっている。

当初はなんとか最終日36ホール消化を計画していたこの大会だが、結局54ホールへの短縮が決定。勝負は明日1ラウンドだ。

関連リンク

1999年 久光製薬KBCオーガスタゴルフトーナメント




特集SPECIAL

2018フェデックスカッププレーオフ 1000万ドルは誰の手に!?
1000万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹と小平智の現在地も!
HIGHLIGHT 永野竜太郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~