ニュース

国内男子カシオワールドオープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

またも逆転。米山剛が3回目のV

順位 選手名 通算 合計
1 米山剛 -14 274
2 手嶋多一 -13 275
3 伊澤利光 -12 276
4 片山晋呉 -10 278
5 尾崎直道 -9 279
5 田中秀道 -9 279
7 谷口徹 -7 281
8 高橋竜彦 -6 282
8 野上貴夫 -6 282
10 佐々木久行 -5 283

スコア詳細を見る

日替わりでトップの入れ代わる今週。もう後のない最終日は片山晋呉田中秀道がスコアを伸ばしきれず、かわって前日5位集団の米山剛、手島多一が大きく伸ばした。激しい首位争いは最終18番でバーディ、65マークの米山剛が66の手島多一を振り切ってV。去年まで勝つ味を知らなかった男が、もうとどまるところを知らない勢いだ。三菱自動車、KBCオーガスタに続く今季(もちろんプロ入り以来でも同じ)3回目の勝利となった。

米山剛は7バーディ。昨日今日とボギーなしのプレーが続いた。「年間3回も勝つなんて自分ではないみたいです。スタート前の予想では3つか4つ伸ばすつもりだったんですが。17番で優勝を意識しはじめて、いいラインなのに外してしまった」

18番はむしろ気が楽だった。3打目はバーディを取るのは無理だろうという気持ちで打った。たとえバーディを取れなくてもプレーオフ。その期待を裏切るようにボールはきれいに寄ってくれた。

「自分はアプローチとパットでやっているゴルファー」と自己評価している。ショットの力はまだまだ。「優勝なんて考えていません。とにかくベストを尽くすだけ。優勝なんて考えたら前半で崩れてしまう。はやく伊沢くんや丸ちゃん、秀(秀道)ちゃんみたいに、いつも最終組上位でゴルフするようになりたいですね」

課題はショット。「直道さんみたいな、いいショットが打てるようにならないといけません」

今回だけは手島多一も「くやしい!」と言う。「18番のバーディパットは1メートル半から2メートル。フックだと思ったんだけど、芝目の方が強かった・・」

そのパットを外した時点で、ヤラレタ!と自覚した。1打足りずの惜しい2位。これでトップ10入りは10回目くらいになるんじゃないかなとも言う。「優勝はいつ来てもおかしくないと思ってるんですが。まだ磨かなければいけないものもあるけど・・ま、しょうがないですね」

その手島の気持ちは米山がいちばんよくわかる。「手島くん、何回も何回も優勝争いしてますよね。慣れている。もうすぐ勝てると思いますよ。1回勝つとあとは何回も勝つようになる」

まるで自分のことのようだ。


特集SPECIAL

最も読まれたトピックス記事ランキング
2018年上半期にGDOニュースにて最も読まれたトピックス記事をランキングしました
HIGHLIGHT ソン・ヨンハン
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~