GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内男子 ゴルフダイジェストトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

米山剛、10バーディの9アンダー!

1997/10/16 18:00

順位 選手名 通算 合計
1 米山剛 -9 62
2 真板潔 -7 64
2 飯合肇 -7 64
4 久保谷健一 -6 65
4 深堀圭一郎 -6 65
4 奥田靖己 -6 65
7 高見和宏 -5 66
7 P.シニア -5 66
7 手嶋啓二 -5 66
7 谷口徹 -5 66

スコア詳細を見る

ちょっと珍しいというか新鮮。米山剛が猛烈なバーディラッシュを見せて、なんと9アンダー。インスタートでいきなりバーディとし、以後とり続けてハーフ6バーディの30。アウトにまわってからも1番2番を連取し、結局32。ボギーは4番のパー3でグリーンを外して2パットしたものだけ。

「風邪をひいて調子が悪かった。医者へいったら熱が38度もあって、水曜はひたすら休養していました。今日も関節は痛いし、ボーッとしてラウンドしてました」と言う。
スコアが伸び始めて、痛みも忘れてしまった。「今年のフジサンケイでホールインワンしたときも風邪をひいてたから、風邪の方がいいのかな。ボーッとしてスコアを気にしないのがいいのかも」と本人も不思議な面持ちだった。
この「62」は1988年のジャンボ尾崎、1990年の須貝昇とならぶコースレコードタイ。米山自身もトーナメントでのベストスコアとなった。

飯合肇は8バーディ、1ボギー。パット数は19。藤木三郎が1995年のフィリップモリス最終日に18パットで表彰されたことがある。「そうと知っていればもう少し頑張ったんだけどな。今週は天気もよさそうだし、ビッグスコアを狙うよ」

真板潔は9バーディ、2ボギー。「同伴の飯合プロにつられてバーディ合戦になってしまった。ショットはまずまずだし、このコースはパター勝負になるんじゃないかな」
真板の優勝スコア予想は「20アンダー近く」とか。コンディションさえよければ、それくらいまで伸びるかも知れない。東名カントリークラブは6781ヤードのパー71に設定。決してやさしくはないんだけどな。


特集SPECIAL

ネスレインビテーショナル 日本プロゴルフマッチプレー選手権 レクサス杯が、8月17日(木)恵庭CC(北海道)で開催。大会期間中は、試合・練習の模様をインターネットで生中継!賞金1億円は誰の手に!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?