2022/05/24ミズノオープン

「ゴルフの聖地」を懸けた決戦 今平周吾が3週連続優勝狙う

竜太郎とともに「全英」切符を獲得した。 今大会のフィールドにはセントアンドリュースで行われた2015年の全英に出場した池田勇太、手嶋多一、富村真治、小田孔明、藤田寛之、岩田寛が集結。2週ぶりにツアー
2022/05/23記録

「全米プロゴルフ選手権」日本人成績

松山英樹16T今平周吾、小平智予落 2018 松山英樹35T小平智59T池田勇太65T今平周吾、時松隆光、宮里優作予落 2017 松山英樹5T小平智48T谷原秀人67T池田勇太予落 2016 松山英樹4…
2022/05/22ゴルフパートナー PRO-AM

今平周吾が2週連続V 3つどもえのプレーオフ制す

最終18番で3パットを喫し、通算21アンダーでブラッド・ケネディ(オーストラリア)と並んで4位。大西魁斗が20アンダー6位、池田勇太が19アンダー7位で終えた。 通算18アンダー8位に清水大成、ガン・チャルングン(タイ)。
2022/05/21ゴルフパートナー PRO-AM

大槻智春が2打差2位 2勝目へ見つけたい“あと一歩”

「64」をマークして通算14アンダーとし、池田勇太と並んで2位に浮上した。 この日は高麗芝グリーンの西コースをラウンド。スタートの1番(パー4)では、サンドウェッジで放った2打目がキャリーでピンを直撃し
2022/05/20ゴルフパートナー PRO-AM

谷繁&和田ペアが6位 “大魔神”佐々木親子は27位

ベストスコアを採用してスコアを競うダブルス戦の2日目が行われ、元プロ野球選手の谷繁元信さん&和田一浩さんペア、佐々木主浩さん親子らが参加した。 谷繁さん&和田さんは、初日に「59」をたたき出した池田
2022/05/20ゴルフパートナー PRO-AM

B.ケネディが首位 2打差2位に池田勇太と大槻智春

(オーストラリア)が8バーディ、1ボギーの「63」で回り、通算16アンダーで単独首位に浮上した。 2打差の通算14アンダー2位に、首位発進した池田勇太と大槻智春の2人。池田は東コースを7バーディ、4ボギー
2022/05/19ゴルフパートナー PRO-AM

池田勇太が「59」で首位発進 今平周吾8位

、ツアー通算21勝の池田勇太が西コースでボギーなしの11バーディ「59」をマークし、11アンダーの単独首位で滑り出した。首位発進したのは2020年「日本シリーズJTカップ」以来。 9アンダー2位にいずれも
2022/05/12ダイヤモンドカップ

岩田寛と大西魁斗が首位発進 アマ中島啓太は2打差6位

の中島啓太(日体大)、昨年覇者でこの日、26歳の誕生日を迎えた星野陸也、桂川有人、池田勇太ら12人が続いた。 2019年大会覇者の浅地洋佑は1アンダー23位。石川遼は3バーディ、3ボギーの「70」で
2022/04/17関西オープン

比嘉一貴が逃げ切りV 星野陸也は連覇へ1打届かず

。 ハン・リーが9アンダー3位、岡田絃希が8アンダー4位、木下稜介と岩田寛が7アンダー5位で続いた。アマチュアの宇喜多飛翔(大阪学院大)が池田勇太、阿久津未来也、小西貴紀とともに6アンダー7位に食い込んだ
2022/04/14関西オープン

阿久津未来也が単独首位発進 石川遼32位 弟の航は出遅れ

前年覇者の星野陸也、木下稜介、比嘉一貴、亀代順哉、岩田寛。池田勇太は5連続バーディを奪うなど「66」で、5アンダー12位につけた。 石川遼は4バーディ、1ボギーの「68」で回り、3アンダー32位。国内
2022/04/11マスターズ

「マスターズ」歴代日本人成績

)小平智 61今平周吾 予落 2018 松山英樹 19小平智 T28池田勇太 予落宮里優作 予落 2017 松山英樹 T11池田勇太 予落谷原秀人 予落 2016 松山英樹 T7 2015 松山英樹 5
2022/04/01東建ホームメイトカップ

筋トレの 「楽しさ知り」ポージングも 時松隆光2位

トレーナーをつけたことがなかったが、今オフに池田勇太、塚田陽亮、富村真治らのトレーニング合宿に参加したことがキッカケになったという。 合宿期間は1週間ほどで、1日4時間ほど上半身から下半身まで全体的に