2020/01/17SMBCシンガポールオープン

ホテルがない!堀川未来夢の珍道中 in シンガポール

どこも満室ばかり。到着した14日(火)は、池田勇太のキャディの部屋に急きょ一泊できたが、話はこれで終わらなかった。 翌15日(水)、「一泊6000円(シンガポールでは安価)」というふれ込みで予約したの
2020/01/17SMBCシンガポールオープン

ジャズ連覇へ暫定首位 大槻智春7位 石川決勝へ

同じ8アンダーの暫定4位に続いた。 大槻智春が日本人最上位の通算6アンダーの暫定7位とし、稲森佑貴が通算5アンダーの暫定10位。星野陸也、木下稜介が3アンダーの暫定17位。 池田勇太は堀川未来夢、藤田
2020/01/17SMBCシンガポールオープン

【速報】ハマモト首位 星野陸也1打差で第2Rへ

・チャルングン(タイ)の4人が並んだ。 前年覇者のジャズ・ジェーンワタナノンド(タイ)が4アンダー6位。石川遼は池田勇太、稲森佑貴、宮里優作、大槻智春らと並んで2アンダー15位につけた。 引き続き第2
2020/01/17SMBCシンガポールオープン

装い新たに? 池田勇太は「69」で13年目のシーズンイン

◇国内男子&アジアンツアー◇SMBCシンガポールオープン 初日(16日)◇セントーサGC(シンガポール)◇7397yd(パー71) 「まだ詳しいことは言えないんだ」。契約ごとを話すのを自重した池田
2020/01/16SMBCシンガポールオープン

星野陸也が暫定2位、石川遼15位 雷雨中断で日没サスペンデッド

(イングランド)、ヘンリック・ステンソン(スウェーデン)ら6人が並んだ。 昨年賞金ランク3位の石川遼は3バーディ、1ーボギーの「69」で回り、池田勇太、市原弘大、稲森佑貴らと同じ2アンダーの暫定15位タイで終えた。 2日目は午前7時40分に第1ラウンドを再開し、第2ラウンドは同8時に開始する予定。
2019/12/27

GDO編集部が選ぶ 2019年ゴルフ10大ニュース(男子編)

しばらく時間を要しました。 8位 池田勇太がツアー歴代2位の11年連続優勝 プロ12年目の池田勇太が5月「ミズノオープン」で通算21勝目を挙げ、ツアー歴代2位となる11年連続優勝を遂げました。最長記録
2019/12/08日本シリーズJTカップ

「今までで一番楽しい」 石川遼の勝利への執念

なかで、日本ツアーのトップ選手のなかで争いができた」と少年のように笑った。 2010年以来のシーズン3勝で生涯獲得賞金は10億円を突破した。28歳2カ月21日での到達は、池田勇太の31歳8カ月26日を
2019/12/07日本シリーズJTカップ

石川遼はショット充実で逆転射程 「本当にチャンスはある」

への手ごたえゆえ。シーズン最後に優勝賞金4000万円を積み上げれば、生涯獲得賞金は10億円を突破する。28歳2カ月21日での到達は、池田勇太の31歳8カ月26日を大幅に上回るツアー最速記録となる。(東京都稲城市/亀山泰宏)
2019/12/03日本シリーズJTカップ

今平周吾が最終戦で2年連続賞金王へ 小平智は連覇に挑戦

陸也、キム・キョンテ、比嘉一貴、スコット・ビンセント、時松隆光、池田勇太、ブレンダン・ジョーンズ、宮本勝昌、武藤俊憲、スンス・ハン、ガン・チャルングン、Y.E.ヤン、大槻智春、秋吉翔太、藤田寛之
2019/11/23ダンロップフェニックス

2年連続賞金王へ今平周吾が単独首位 松山英樹は5打差8位

(オーストラリア)、キャメロン・チャンプ(米国)、池田勇太、木下稜介と並ぶ通算5アンダー8位タイ。逆転で5年ぶりの大会制覇を目指す。 松山と同組で回った、6月の海外メジャー「全米オープン」覇者ゲーリー
2019/11/22ダンロップフェニックス

気持ちはホストプロ? 池田勇太が首位浮上

◇国内男子◇ダンロップフェニックストーナメント 2日目(22日)◇フェニックスカントリークラブ(宮崎)◇7027yd(パー71) 2010年大会の覇者、池田勇太が「67」の初日に続いて1アンダー
2019/11/22ダンロップフェニックス

今平周吾と池田勇太が首位並走 松山英樹は「9」で13位後退

覇者の池田勇太が通算5アンダーの首位で並び、大会を折り返した。 1打差2位から出た今平は3バーディ、4ボギーの「72」とスコアを落としながら、今季2勝目へ絶好の位置に浮上。池田は3バーディ、2ボギーの
2019/11/21ダンロップフェニックス

ジャン・ドンキュ首位発進 今平周吾1打差2位 松山英樹3位

好位置で滑り出した。 池田勇太が4アンダー5位。6月以来の国内ツアーとなる谷原秀人は昨年大会優勝の市原弘大らと並んで3アンダー6位につけた。 「全米オープン」覇者のゲーリー・ウッドランド(米国)は1
2019/11/19GDOEYE

貫いたリズムとプラン 新たなアマ王者・金谷拓実の強み

見える戦略は「スタート前から決めていた」ことだった。初日の1Wショットは傾斜でラフにこぼれた。同組だった池田勇太は3Wでフェアウェイへ。プロの選択をいち早く吸収し、翌日以降の守るべきプランになった