2020/11/14コスモヘルスカップ シニアトーナメント2020

62歳の水巻善典が4年ぶりツアー3勝目

◇国内シニア◇コスモヘルスカップ シニアトーナメント2020 最終日(14日)◇越生ゴルフクラブ (埼玉)◇6922yd(パー72) 1差5アンダー2位からスタートした62歳の水巻善典が5バーディ
2021/06/05すまいーだカップ シニアゴルフトーナメント

ウィラチャンが完全優勝で通算4勝目 マークセンが2位

(ニュージーランド)、清水洋一。通算6アンダー7位に伊澤利光、白潟英純。 大会3連覇がかかっていた山添昌良は、水巻善典、川岸良兼、宮瀬博文と並んで通算5アンダー9位だった。
2021/02/25

ゴルフきょうは何の日<2月25日>

プレーオフに突入した。同記録は水巻善典が活躍した1994年「バイロンネルソンクラシック」以来の最多人数で、現在のツアー記録としても残っている。 最終日を3アンダー23位から出た伊澤はこの日、悪天候でほかの選手
2011/09/17榊原温泉ゴルフ倶楽部シニア

水巻善典が逃げ切りでシニアツアー初勝利!

三重県の榊原温泉ゴルフ倶楽部で行われた国内シニアツアー第5戦「榊原温泉ゴルフ倶楽部シニア」最終日。8アンダーの単独首位から出た水巻善典が「68」をマークして通算12アンダーとし、2位の中村彰男に5打
2020/11/13コスモヘルスカップ シニアトーナメント2020

メジャー覇者・寺西明が首位発進 エース達成の羽川豊ら2位

ますし、先輩からの目は優しさもあれば厳しいさも。それに応えたい」と今季2勝目を目指す。 1打差の2位に、今大会でシニアデビューした野仲茂、水巻善典、グレゴリー・マイヤー、羽川豊がつけた。羽川は前半8番
2013/11/02第23回日本シニアオープンゴルフ選手権競技

2位の水巻善典は小林正則に続く”Wタイトル”へ虎視眈々

国内シニアメジャー「第23回日本シニアオープンゴルフ選手権競技」の3日目、2位の水巻善典が単独首位に抜け出した室田淳に2打差で食い下がり、初日からの2人のマッチレースの決着を最終日まで持ち越した
2013/07/08ファンケルクラシック

室田らシニア7選手が「ファンケルクラシック」大会をPR

8月16日に開幕する「ファンケルクラシック」開催に先立ち、同大会で3度の優勝を挙げている高橋勝成ほか、三好隆、室田淳、羽川豊、水巻善典、芹澤信雄、高見和宏ら7名の出場選手らが揃い、都内で記者発表が
2000/06/18タマノイ酢よみうりオープンゴルフトーナメント

水巻善典、逃げきって2年ぶり勝利

「最終日、60台を出せば勝てる」とコメントしていた水巻善典。出だしからいきなり3連続バーディとして一気に勝ちムードに乗った。8番で一つ後退はしたものの、インに入ってからもまた3バーディ。文句なしの
2020/08/21プロゴルファー誕生100周年記念 ISPS HANDA コロナに喝!シニアトーナメント

鈴木亨が首位発進 谷口徹はスタート前に欠場/シニア2戦目

続いた。 6アンダーの5位には室田淳、廣田恭司、中山正芳、水巻善典、加藤仁の5人。開幕戦を制した柳沢伸祐は3アンダーとし、この日17番(204yd/パー3)でホールインワンを達成した飯合肇らと並び
2015/09/03フジサンケイクラシック

2位発進の額賀と近藤 パワーヒッターが抱く葛藤と執着

ば300ydは出ていた」と全力を注いでいたドローの球筋は、最近になりスコアメイクを優先させてフェードにチェンジ。きっかけとなったのは、師事する水巻善典から1カ月ほど前に受けた忠告だった。『金を稼ぐなら
1998/06/05JCBクラシック仙台

首位は水巻善典。西川哲が猛烈追い上げ!

水巻善典が上がってきた。ボギーなしの5バーディ。「パターがすごくよかった。ただしショットはひどいです。1日中、肩に力が入って右も左もいくけど真っ直ぐだけは行かなかった」 日本プロの3日目、ジャンボ
2013/11/02第23回日本シニアオープンゴルフ選手権競技

室田淳が首位奪回 水巻善典が2打差を追い最終日へ

水巻善典が2打差の2位で追いかけ、決戦の最終日に突入する。 2番からの3連続バーディで早々に首位を奪い返した室田は、12番までで6バーディを積み上げる爆発力で、一気に独走体制を築いた。13番、14番は
2013/11/13プロのこだわり5箇条

~プロのこだわり5箇条~ <第56回>水巻善典

<1>感性を信じる 直感は正しいということが、これまで色々な経験をして分かりました。ゴルフのプレーにも通じるところがありますが、日常生活の中で例えば「危ない!」と危険を感じたり、反対に「これはいい!」と思った直感には素直に従うようにしています。 <2>正しい情…
2000/06/17タマノイ酢よみうりオープンゴルフトーナメント

田中後退。水巻善典が単独首位へ

雨の2日目、ちょっと意外な展開になった。今週の本命かと思われた田中秀道がバーディ数わずか1。75を叩いて大きく後退した。同じく前日首位の水巻善典は3バーディ、1ボギーと伸ばして単独首位。宮瀬博文
2013/04/03週刊GD

「アンカリング問題」、トップアスリートの意見は?

水巻善典さんら。アスリートの立場から杉山愛さんや舞の海秀平さん、森末慎二さん、室伏重信さんら世界のトップで活躍したスポーツ選手。さらに所ジョージさんや黒鉄ヒロシさん、高橋三千綱さん、桂文楽さんなど