ニュース

国内男子JCBクラシック仙台の最新ゴルフニュースをお届け

コースとの相性がいい!水巻善典が5アンダーで単独トップ。

国内男子ツアー「JCBクラシック仙台」が宮城県の表蔵王国際ゴルフクラブで開幕した。
来週米国で行われる全米オープンに向け、片山晋呉谷口徹らが欠場、先週のダイヤモンドカップで優勝した伊沢利光も体調不良のため欠場となった。

初日トップには水巻善典が、5バーディ、ノーボギーの5アンダーで頭1つ抜け出した。
98年にこのコースで優勝している水巻は、「コースとの相性がいいということはありますね。ヤーデージ(距離表示)を見れば、どこに(カップが)切ってあるか分かる。今日は無理をしないようにまわってましたけど、1番では大きいクラブで怖がらずに行けた。コースをよく知っているからというのはある」

現在は家族と離れ日本で単身頑張っているが、来月には家族が米国から帰国する。「家族が来たとたんに頑張るという、自分でも分かりやすい男だと思いますよ」相性のいいコースで家族の声援があれば、このまま4日間突っ走ることができるかもしれない。

水巻に1打差の2位にはベテランの藤木三郎、小達敏昭、堺谷和将の3人。藤木も水巻と同じくノーボギーのランドとなった。先週プレーオフで伊沢に敗れはしたが大健闘した五十嵐雄二は、3オーバー68位と出遅れた。

この日ホールインワンが2つ出た。14番で河井博大が、17番では菅谷拓が達成。河井には仙台放送から賞金20万円が、菅谷にはJCBから賞金50万円が用意された。ただし、菅谷の賞金は予選ラウンド中、達成者の均等割という条件付となる。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2001年 JCBクラシック仙台




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!