2013/10/27NOBUTA GROUP マスターズGCレディース

崖っぷちの上田桃子、価値ある3位タイに「よしっ!」

大きく前進するとともに、来季出場優先順位を決めるクオリファイングトーナメント(QT)のセカンド免除(次週「樋口久子 森永製菓ウイダーレディス」終了時点で同70位以内)をほぼ確定させ、QT参戦となっても
2013/10/24NOBUTA GROUP マスターズGCレディース

テーマは“泥臭く” 上田桃子「上に這い上がるだけ」

、首位に1打差の3アンダー2位発進を決めた。 国内シード権を持たない上田の今季残り試合は、今週と次週の「樋口久子 森永製菓ウイダーレディス」2試合のみ。また、主戦場として6年目のシーズンを送る米国ツアー
2016/10/02日本女子オープン

世界ジュニア2連覇の逸材 メジャー最年少V畑岡奈紗の足跡

には15年から参戦。当時16歳で出場した10月の「樋口久子 Pontaレディス」で鮮烈なデビューを飾る。初日に4アンダーをマークし、並み居るプロたちを押しのけて単独首位発進。ツアー初出場のアマチュアが
2017/09/13GDOEYE

戸張捷氏が語る 宮里藍の誕生から引退までの舞台裏

の1万1429人を記録。「メディアの数も通常の3倍から4倍に膨れ上がっていました」と、多くのテレビクルーやカメラマンが宮里のプレーを追った。 樋口久子・日本女子プロゴルフ協会会長(当時)主導のもと
2015/04/05ヤマハレディースオープン葛城

「成長していると思う」 渡邉彩香の進化が詰まった通算2勝目

「アクサレディス」だった。プロアマを一緒にプレーした樋口久子・LPGA相談役から、無意識に左に向いていたアドレスを指摘されてから安定性が増し、「自信を持って振れるようになり、よく飛ぶようになった」という
2020/11/26ツアー選手権リコーカップ

最終盤までボギーなし 渋野日向子「落ち着かない感じだった」

終え、国内ツアー復帰戦となった10月の「樋口久子 三菱電機レディス」で予選落ちしたころは気分が沈みがちで、「去年の自分に戻りたい」と葛藤した。その後、家族や周囲のサポートを受ける中で「戻るという考え方
2016/11/10伊藤園レディス

畑岡奈紗が国内プロ初戦へ 目標は“藍越え”の予選通過

18ホールを完走。同組でプレーした日本女子プロゴルフ協会の樋口久子相談役に支えられながらも、プロとして最初の務めを果たした。 3週間後には来季米ツアーの出場権をかけたファイナルQTが控えていることもあり
2007/05/11SANKYOレディースカップ

青山加織が逆転勝利を飾る!

/151/70/81 53/+8/阿蘇紀子/152/72/80 53/+8/塩田亜飛美/152/76/76 53/+8/曽秀鳳/152/74/78 53/+8/武田久子/152/71/81 53/+8
2011/09/29日本女子オープンゴルフ選手権競技

美香、金田らが首位スタート!藍は2打差

として臨む宮里美香が4バーディ、4ボギーのイーブンにまとめ、1977年に樋口久子が記録して以来34年ぶりとなる大会連覇に向けて好スタートを切った。耐える展開の中で最初のポイントになったのが、前半3番と
2012/07/14スタンレーレディスゴルフトーナメント

森田が首位!連覇を狙う有村が1打差2位タイ

終わってから、しぶとくパーを獲って上がれたのが大きかった」と「66」のスコアを作った内容に誇らしげだった。 36ホール競技となった短期決戦で、2010年の「樋口久子IDC大塚家具レディス」以来となる
2011/10/28樋口久子 森永製菓ウイダーレディス

服部、先週の大失態から立ち直っての首位発進

先週の「マスターズGCレディース」で22試合ぶりの予選落ちを喫した服部真夕が、今週開催の「樋口久子 森永製菓ウイダーレディス」初日に4バーディ、ノーボギーの「68」をマーク。4アンダー首位タイと絶好