2017/07/21センチュリー21レディス

成田美寿々「よし。やるぞ」 全米女子OP覇者から刺激も

狙う成田美寿々が5バーディ、ノーボギーにまとめ、5アンダー「67」をマーク。2016年9月「マンシングウェアレディース東海クラシック」以来となる首位タイ発進を決め、「絶好調ではないときに5アンダーを
2018/06/20topics

プロコーチの息子が東大に合格 ゴルフにも通じる「学び方改革」

部の教え」に続く》 Profile/井上透(いのうえ・とおる) 1973年4月3日生まれ、横浜市出身。日本初のプロコーチとして数多くのプロをサポートし、現在も成田美寿々、穴井詩、川岸史果らを指導。世界ジュニアゴルフ選手権の日本代表監督としてジュニア育成にも尽力。2016年から東京大学ゴルフ部監督に就任。
2018/09/29インターナショナルクラウン

鈴木愛が米ツアーの国別対抗戦を欠場 上原彩子が出場

満たした8カ国が参加し、7月1日時点の同ランクの各国上位4人が出場資格を得る。日本からは今年、畑岡奈紗、鈴木、比嘉真美子、成田美寿々がエントリーしていた。 上原は今大会初出場。競技は4日間を通して
2018/09/25世界ランキング

大江香織は163位に浮上 女子OP出場勢は上位/世界ランク

。 27日(木)に開幕する国内メジャー「日本女子オープン」に出場予定のユ・ソヨン(韓国)は4位、キム・インキョン(同)は10位、チョン・インジ(同)は27位だった。 17位の畑岡奈紗が日本人1番手、2番手は26位の鈴木愛。比嘉真美子(43位)、成田美寿々(66位)、小祝さくら(71位)と続いた。
2018/08/31ゴルフ5レディス

女子ゴルフの観客14%の大幅減 要因は猛暑?それとも…

調べ)を比較すると、放映があった23試合中、17試合で上昇した。千葉出身の成田美寿々がプレーオフの末、有村智恵を破った「サントリーレディス」では今季最高となる平均7.6%を記録した。宮里さんの国内最終戦
2018/04/15KKT杯バンテリンレディス

比嘉真美子が逆転で今季初優勝 成田美寿々は1打及ばず

て通算6アンダーで今季初優勝を遂げた。2017年8月の「NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」以来となるツアー4勝目。 首位から出た成田美寿々は4バーディ、3ボギーの「71」で、通算5アンダーの2位
2018/09/11世界ランキング

2カ月ぶり復帰の鈴木愛は25位に後退/女子世界ランク

。 以下の日本勢は、41位に比嘉真美子(1ランクアップ)、56位に成田美寿々(1ランクアップ)、65位に小祝さくら(7ランクアップ)、75位に上田桃子(変動なし)が続いた。 1位のパク・ソンヒョン(韓国
2017/11/30ザ・クイーンズ

成田キャプテン「力合わせて」 女王・鈴木愛は川岸とタッグ

。前日に対戦メンバーの発表が行われ、日本チーム主将の成田美寿々は「2人の関係性を考慮した上で考えた」と初日フォアボール形式(2人がそれぞれのボールでプレーし、良い方のスコアを採用する)の組み合わせを決定し
2017/11/30ザ・クイーンズ

“成田ジャパン”で王座奪還へ 威信かけ4ツアー対抗戦

フォアサム形式8マッチで戦う。 日本は25歳の成田美寿々が主将を務め、今季4年ぶりの日本人賞金女王に輝いた鈴木愛、優勝した2年前のキャプテン上田桃子らを中心に王座奪還に挑む。ほかのメンバーは昨年キャプテン
2018/09/02ゴルフ5レディス

小祝さくらはプレーオフ惜敗 申ジエが今季2勝目

目で小祝がパーパットを外したのに対し、申がパーとして5月「ワールドレディス サロンパス杯」に続く今季2勝目を飾った。 通算12アンダーの3位に黄アルム(韓国)、濱田茉優、比嘉真美子の3人。通算10アンダーの6位に成田美寿々と李知姫(韓国)。通算9アンダーの8位に、福田真未と穴井詩が続いた。
2018/08/15CATレディース

鈴木愛が右手首痛で欠場 2連覇中イ・ボミは復調なるか

も見送っていた。賞金ランク2位・成田美寿々と同3位・比嘉真美子と同ランク上位3選手が不在となった。 大会2連覇中のイ・ボミ(韓国)は前年、首位タイから最終日に通算12アンダーとして混戦を制した
2017/06/23アース・モンダミンカップ

成田美寿々が首位浮上 アン・シネは16位で決勝へ

◇国内女子◇アース・モンダミンカップ 2日目(23日)◇カメリアヒルズCC(千葉県)◇6545yd(パー72) 4位から出た成田美寿々が1イーグル5バーディ、ボギーなしの「65」でプレーして通算11
2018/08/08NEC軽井沢72

「全英」V争いの比嘉真美子が出場 初の連覇に挑む

の有村智恵、大山志保と同組でプレーする。 同大会で予選落ちだった上原彩子がスポット参戦するほか、同じく「全英」帰りの成田美寿々、テレサ・ルー(台湾)らがエントリー。7月のプロテストに合格したエイミー
2018/08/05北海道meijiカップ

92年会の福田真未がV 青木瀬令奈「次は私が…」

年3月生まれの同年代が集まる“女子プロ92年会”を結成し、優勝者が食事を御馳走するのが通例だという。メンバーは福田真未、葭葉ルミ、成田美寿々、フェービー・ヤオ(台湾)、イ・ミニョン(韓国)など豪華な