ニュース

国内女子ワールドレディスサロンパスカップの最新ゴルフニュースをお届け

前年覇者だけど…成田美寿々は“神様”との同組に「思い残すことはない」

茨城県の茨城ゴルフ倶楽部 東コースで開催される国内女子ツアーの今季メジャー初戦「ワールドレディスサロンパスカップ」。前年覇者の成田美寿々は、開幕前日のプロアマ戦に出場し「調子はすごくいいし、今日もイメージ良く回れた」と、大会連覇へ上々の感触を口にした。

「思い残すことはないです」。連覇がかかる大一番を前にして、成田はすでに感無量の極みにあった。なぜならば、明日からの予選ラウンド2日間をともにするのは、尊敬してやまない宮里藍。ツアーでは初となる同組ラウンドを前に、「神様」とまで崇める宮里への思いが次から次へと言葉に溢れ出た。

「藍さんがいなかったら、今の私はいない」と、小学校の高学年当時に宮里藍の優勝シーンをテレビで見たのがゴルフを始めたきっかけだった。しばらくは使用するクラブも、当時の宮里と同じモデルを使用するほどの憧れぶりだった。

米ツアーを主戦場とする宮里と、初めて言葉を交わしたのは、プロ転向2年目の2013年「ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン」。誰とでも分け隔てなく接する対応に心を打たれた。「こんな新人にもすごい笑顔で。プロゴルファーの前に、人間として尊敬しています」。国内ツアーを代表する1人となった成田が今、日ごろから心掛けている、列にならぶファン全員にサインをする姿勢も宮里を見習ってのものだという。

今大会を優勝して出場した昨年の海外メジャー「全英リコー女子オープン」では初めて練習ラウンドをともにしたが、「最初の3ホールくらいは調子がおかしかった」という。「吸収できるところはしていきたい」という憧れの人との“直接対決”。その緊張感は、果たして吉と出るか、否か。(茨城県つくばみらい市/塚田達也)

関連リンク

2015年 ワールドレディスサロンパスカップ




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストにはミナミ・レボノウィッチプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~