2019/09/06Yeangderトーナメントプレーヤーズ選手権

順延の第1ラウンドが終了 川村昌弘は10位

アンダーの10位に、川村昌弘、チャプチャイ・ニラト(タイ)ら5人が続いた。川村は5バーディ、1ボギーの「68」で回り、首位に2打差の好スタートを決めた。 大槻智春は1アンダーの41位。水野眞惟智は2オーバーの98位で第2ラウンドに進んだ。
2019/09/05旅人ゴルファー川村昌弘

「いま僕はココにいます」Vol.69 スイス~台湾編

人は彼のことを“旅人ゴルファー”と呼ぶ。川村昌弘・26歳。2012年のプロデビューから活躍の場は日本だけでなく、ユーラシア大陸全土、そのまた海の向こうにも及ぶ。幼い頃から海外を旅することこそが夢で
2019/08/31オメガ・ヨーロピアン・マスターズ

マキロイらが1打差2位 谷原秀人は7位浮上

が並んだ。 12位で出た谷原秀人は6バーディ、2ボギーの「66」とし、通算8アンダーの7位に浮上した。 宮里優作は通算3アンダーの36位で決勝ラウンドに進んだ。川村昌弘は通算2オーバーの104位で予選落ちした。
2019/08/30オメガ・ヨーロピアン・マスターズ

谷原秀人が12位発進 宮里優作は23位でマキロイと並ぶ

。 谷原秀人は1イーグル4バーディ、2ボギーの「66」とし、4アンダーの12位。宮里優作は3アンダーの23位で、ロリー・マキロイ(北アイルランド)らと並んだ。 3連覇のかかるマシュー・フィッツパトリック(イングランド)は1アンダーの54位で初日を終えた。 川村昌弘は5オーバーの143位と大きく出遅れた。
2019/08/29旅人ゴルファー川村昌弘

「いま僕はココにいます」Vol.68 スイス編

人は彼のことを“旅人ゴルファー”と呼ぶ。川村昌弘・26歳。2012年のプロデビューから活躍の場は日本だけでなく、ユーラシア大陸全土、そのまた海の向こうにも及ぶ。幼い頃から海外を旅することこそが夢で
2019/08/26スカンジナビア招待

ファンローエンが初優勝 川村昌弘は40位

・ステンソン(スウェーデン)とディーン・バーメスター(南アフリカ)が入った。 川村昌弘は3バーディ、ボギーなしの「67」とし、通算7アンダーの40位で終えた。
2019/08/25スカンジナビア招待

ファンローエンが首位浮上 川村昌弘は43位

た。ヘンリック・ステンソン(スウェーデン)、アレクサンダー・レビ(フランス)ら5人が10アンダー5位で続いた。 川村昌弘は5バーディ、2ボギー1ダブルボギーの「69」とし、通算4アンダーの43位で最終日を迎える。
2019/08/24スカンジナビア招待

フィッツパトリックが首位浮上 川村昌弘は22位で決勝へ

・オームスビー(オーストラリア)は通算7アンダーの6位タイに後退した。 初日12位の川村昌弘は2バーディ、2ボギーの「70」と伸ばせず、通算3アンダーの22位で決勝に進んだ。 宮里優作は通算2オーバーの96位、谷原秀人は通算7オーバーの137位で予選落ちした。
2019/08/23スカンジナビア招待

オームスビーが首位発進 川村昌弘12位

)。 川村昌弘は5バーディ、2ボギーの「67」とし、3アンダー12位の好スタートを切った。 宮里優作は1オーバーの71位、谷原秀人は5オーバーの136位で初日を終えた。
2019/08/22旅人ゴルファー川村昌弘

「いま僕はココにいます」Vol.67 スウェーデン編

人は彼のことを“旅人ゴルファー”と呼ぶ。川村昌弘・26歳。2012年のプロデビューから活躍の場は日本だけでなく、ユーラシア大陸全土、そのまた海の向こうにも及ぶ。幼い頃から海外を旅することこそが夢で
2019/08/21スカンジナビア招待

舞台はスウェーデン第2の都市 川村、宮里、谷原が参戦

、マーカス・キンハルトらの地元勢に加え、マシュー・フィッツパトリック(イングランド)、ブランドン・ストーン(南アフリカ)らがフィールドに名を連ねた。 日本勢は、川村昌弘が前週のチェコから移動して参戦。宮里優作と谷原秀人は4戦ぶりの出場となる。
2019/08/19チェコマスターズ

ピータースが3季ぶり4勝目 川村昌弘は18位

(イングランド)が通算16アンダーの3位に入った。 14位で出た川村昌弘は2バーディ、1ボギー1ダブルボギーの「73」とスコアを落とし、通算10アンダーの18位で終えた。
2019/08/18チェコマスターズ

川村昌弘が「65」で14位浮上 ピータース首位

(スウェーデン)ら4人が通算14アンダーの3位に並んだ。 44位で予選を通過した川村昌弘は7バーディ、ボギーなしの「65」とこの日のベストスコアタイをマークし、通算11アンダーの14位に浮上した。
2019/08/15旅人ゴルファー川村昌弘

「いま僕はココにいます」Vol.66 チェコ編

人は彼のことを“旅人ゴルファー”と呼ぶ。川村昌弘・26歳。2012年のプロデビューから活躍の場は日本だけでなく、ユーラシア大陸全土、そのまた海の向こうにも及ぶ。幼い頃から海外を旅することこそが夢で