2018/12/16アルフレッド・ダンヒル選手権

35歳ジェイミソンが単独首位 川村昌弘は41位

・リプスキーが1打差の2位。ともに南アフリカのザンデル・ロンバルド、ブランドン・ストーンが8アンダーの3位に続いた。 前週「南アフリカオープン hosted by ヨハネスブルグ」で優勝したルイ・ウーストハイゼン(南アフリカ)は6アンダーの9位。川村昌弘は1アンダーの41位で最終日を迎える。
2018/12/15アルフレッド・ダンヒル選手権

川村昌弘は32位 首位にリプスキー

だ。首位から出たオリバー・ベッカー(南アフリカ)は「73」とスコアを落とし、通算5アンダー6位に後退した。 川村昌弘は4バーディ、1ボギー1ダブルボギーの「71」でプレーし、通算1アンダー32位で大会を折り返した。
2018/12/14アルフレッド・ダンヒル選手権

川村昌弘は6打差32位発進 南アの34歳が首位

」でプレーし、6アンダーとして単独首位で発進した。 ディミトリオス・パパダトス(オーストラリア)が1打差の5アンダー2位、ラファエル・ジャクラン(フランス)が4アンダーの3位で追う。 川村昌弘は5バーディ、2ボギー1トリプルボギーの「72」とし、イーブンパーの32位で初日を終えた。
2018/12/13旅人ゴルファー川村昌弘

「いま僕はココにいます」Vol.42 南アフリカ編

人は彼のことを“旅人ゴルファー”と呼ぶ。川村昌弘・25歳。2012年のプロデビューから活躍の場は日本だけでなく、ユーラシア大陸全土、そのまた海の向こうにも及ぶ。幼い頃から海外を旅することこそが夢で
2018/12/11アルフレッド・ダンヒル選手権

川村昌弘は南アフリカ2連戦 “若手の登竜門”に挑む

。 前週優勝のルイ・ウーストハイゼン(南アフリカ)、2週前にツアー初優勝したカート・キタヤマ(米国)、プロ通算71勝のアーニー・エルス(南アフリカ)らがエントリー。日本勢はツアールーキーの川村昌弘が出場する。
2018/12/08

「有料です」不調イ・ボミに谷原秀人が即席レッスン

はグリーンが読めないので、その練習をしていかないといけないな」と課題を挙げる。来季の目標は「ヨーロッパでまずは勝つことですよね」と言わずもがな。「(宮里)優作も川村昌弘)も来るし、ほんとに刺激になる」。スケジュールは未定としたが「日本の試合にも何試合か出られればいいなと思います」とした。(編集部・柴田雄平)
2018/12/07南アフリカオープン

ウーストハイゼンがトップ 川村昌弘は出遅れ

ファイアソーンコースを8アンダーで回り、2位タイ。ザンデル・ロンバルド(南アフリカ)が7アンダーの4位になった。 ファイアソーンコースを回った川村昌弘は3つのダブルボギーをたたくなど「78」。7オーバー223位と出遅れた。
2018/12/06旅人ゴルファー川村昌弘

「いま僕はココにいます」Vol.41 南アフリカ編

人は彼のことを“旅人ゴルファー”と呼ぶ。川村昌弘・25歳。2012年のプロデビューから活躍の場は日本だけでなく、ユーラシア大陸全土、そのまた海の向こうにも及ぶ。幼い頃から海外を旅することこそが夢で
2018/12/05南アフリカオープン

川村昌弘が南アで伝統の一戦 “世界1位の弟”も参戦

南アフリカ)は5勝を挙げている。 日本勢は前週の「アフラシアバンク・モーリシャスオープン」を5位で終えた川村昌弘が連出場。世界ランキング1位のブルックス・ケプカの実弟であるチェイス・ケプカが推薦で参戦する
2018/12/03ヨーロピアンツアー公式

キタヤマがモーリシャスで3ツアー初制覇

」でラウンドしたセナッパ・チッカランガッパとマチュー・パボンが入った。4位には最終ホールのバーディで通算17アンダーとしたジャスティン・ハーディングが入り、さらに1打差の5位タイには川村昌弘と、最終日に
2018/12/02アフラシアバンク・モーリシャスオープン

米国の25歳が初優勝 川村昌弘は5位

、2ボギーの「68」でプレーし、通算20アンダーとしてツアー初優勝を遂げた。 2打差の通算18アンダー2位にセナッパ・チッカランガッパ(インド)とマチュー・パボン(フランス)が入った。 3位から出た川村
2018/12/02アフラシアバンク・モーリシャスオープン

川村昌弘が3位浮上 首位に3打差で最終日へ

ともにツアー未勝利のカート・キタヤマ(米国)とジャスティン・ハーディング(南アフリカ)が通算16アンダーで首位に並んだ。 通算13アンダーの3位に、川村昌弘、セナッパ・チッカランガッパ(インド
2018/12/01アフラシアバンク・モーリシャスオープン

川村昌弘は7位に後退 亀代順哉と長谷川祥平は予選落ち

フランス)が続いた。 3位から出た川村昌弘は6バーディ、3ボギー1ダブルボギーの「71」とし、通算8アンダーの7位タイに後退。首位と6打差で決勝ラウンドに進んだ。 亀代順哉は通算1オーバーの89位、長谷川祥平は通算6オーバーの135位で予選落ちした。
2018/11/30アフラシアバンク・モーリシャスオープン

川村昌弘が3位発進 7アンダー「65」で首位に1打差

◇欧州男子◇アフラシアバンク・モーリシャスオープン 初日(29日)◇フォーシーズンズGC (モーリシャス) ◇7401yd(パー72) ツアールーキーとして今季2戦目に臨む川村昌弘が「65」でプレー
2018/11/29旅人ゴルファー川村昌弘

「いま僕はココにいます」Vol.40 モーリシャス編

人は彼のことを“旅人ゴルファー”と呼ぶ。川村昌弘・25歳。2012年のプロデビューから活躍の場は日本だけでなく、ユーラシア大陸全土、そのまた海の向こうにも及ぶ。幼い頃から海外を旅することこそが夢で
2018/11/27アフラシアバンク・モーリシャスオープン

インド洋に浮かぶモーリシャスが舞台 川村昌弘が出場

、リチャード・スターンら南アフリカの選手が多くエントリーする中、日本からはツアールーキーの川村昌弘と、亀代順哉、長谷川祥平の3人が出場を予定している。
2018/11/23カシオワールド

今季14人目の初優勝者誕生は 嘉数、浅地、ストレンジが首位

守った。グリーン上のプレーが2日続けて冴え、「風と傾斜が読みにくかったですけど、うまく合ってくれた」という。今季はすでに2回のトップ10入りがありシードは安泰。時松隆光、川村昌弘と同学年のプロ8年目は
2018/11/23ホンマ香港オープン

宮里優作は44位に後退 川村昌弘は1打届かず予選落ち

後退した。 72位から出た川村昌弘は3バーディ、3ボギーの「70」とし、予選カットラインに1打届かない通算2オーバーの74位。推薦出場の小林伸太郎は「68」と伸ばしたが、通算3オーバーの86位でそれぞれ予選落ちとなった。