2019/12/21

世界アマランク10位 中島啓太の「悔しい」2019年

19歳の中島(日本体育大1年)にとって、2019年は不遇に満ちた一年でもあった。ナショナルチームの常連選手は20日、都内で行われた日本ゴルフ協会(JGA)の慰労会に出席。年の瀬に複雑な心境を吐露
2019/11/12VISA太平洋マスターズ

今平周吾は2位脱却なるか 石川遼が過去2勝のコースで挽回期す

20年ぶりの金メダルをもたらしたアマチュア、中島(日体大1年)、金谷拓実(東北福祉大3年)、米澤蓮(同2年)は主催者推薦で出場する。 予選ラウンドでは今平と石川、ディフェンディングチャンピオンの額賀が同組。金谷は大学の先輩にあたる池田勇太、今季初優勝を飾っている堀川未来夢と回る。
2019/06/10GDOEYE

チャンスは12回 アマチュア中島啓太が追い求めるもの

◇米国選抜vs世界選抜(大学)◇アーノルド・パーマーカップ 最終日(9日)◇アローシアンC(アーカンソー州)◇パー72 初めての練習ラウンドを行った開幕前の水曜日(5日)、金谷拓実と中島の2人は
2019/06/10

世界選抜が初勝利 日本人3選手がパーマーカップを手中に

クウェイド・カミンズ(オクラホマ大)に1ダウン、中島(日体大)はチャンドラー・フィリップス(テキサスA&M大)に3&2でそれぞれ敗戦。 表彰式にはアーカンソー州出身のビル・クリントン元米大統領も参列し、華やかな中で一週間の戦いに幕を下ろした。
2019/06/09

金谷拓実は全勝キープ 世界選抜が逆転して最終日へ

中島は2勝1敗、青島賢吾は1勝1敗1分となった。大会最終日はシングルス戦24試合が予定されている。 <午前:男女混合フォアサム> ○金谷拓実&ヒラ・ナヴィード /1アップ ●ウィル・グリマー
2019/05/10ダイヤモンドカップ

アジア金メダリストの中島啓太 6月は海外遠征が目白押し

中島(日体大1年)が、初日79位の出遅れを取り戻して決勝ラウンドに滑り込んだ。昨年8月の「アジア大会」個人・団体戦で金メダルを獲得した18歳。1Wショットに苦しみながら3バーディ、3ボギーの「71
2018/10/26マイナビABC選手権

ツアー初優勝へ木下裕太が首位浮上 川村は雪辱へ向け4位

ランク1位の今平周吾は通算3アンダーの20位。石川遼は連日の「71」で通算2アンダーとし、アマチュアの中島(代々木高3年)らと並ぶ28位で大会を折り返した。 ディフェンディングチャンピオンの小鯛竜也は、通算1オーバーのカットライン上で決勝ラウンド進出を決めている。
2018/10/25マイナビABC選手権

小木曽喬が首位発進 1打差2位に木下裕太

、小田孔明、近藤智弘らとともに3アンダー7位とした。 石川遼、アマチュアの中島(代々木高3年)は1アンダー28位。前年覇者の小鯛竜也は3オーバー76位と出遅れた。71歳の尾崎将司は8オーバー94位とした。