最近のニュース 新着一覧≫


2019/11/05優勝セッティング

ピン契約2年目で4季ぶり勝利 ハン・ジュンゴンの14本

・ジュンゴン(韓国)が最終18番(パー5)をイーグルで締めくくり、通算19アンダーで4シーズンぶりの優勝を飾った。 2018年にピンと用具契約を結んでから、2年目で初めてのタイトル。ツアー屈指のショット
2019/10/01優勝セッティング

ウッドを5本投入 キャロウェイ契約・柏原明日架の優勝ギア

ツアー初優勝を飾った。使用クラブは用具契約を結ぶキャロウェイの14本。ウッドを5本入れているのが、特徴的だ。 1Wはエピック フラッシュ サブゼロを使用し、今大会からシャフトを三菱ケミカル ディアマナ
2017/11/21優勝セッティング

契約フリーで変幻自在の14本 申ジエの優勝セッティング

差をつける通算17アンダーとし、今季2勝目を挙げた。 クラブ契約はフリー。今季1勝目を挙げた8月「ニトリレディス」以降もクラブの入れ替えを行い、現在のアイアンはミズノ製の最新モデルミズノプロ 518
2019/06/03優勝セッティング

7番アイアンが2本 契約フリー池田勇太がこだわる14本

勝目を飾った。最終日を2位チャン・キム(米国)と1打差の単独首位から出て、その座を譲ることなく逃げ切った。2016年からクラブ契約フリーの池田。キャディバッグの中はこだわりが溢れていた。 舞台はツアー
2020/01/06新製品レポート

メジャー4勝のケプカが愛用 JPX919 ツアー アイアン

メーカーと契約せずに自分が気に入ったクラブを使い続けています。そんな彼のお眼鏡にかなったのが、ミズノの「JPX900 ツアー アイアン」というモデルでした。その後継モデルとなる最新版がこの「JPX919
2019/10/29topics

ボールの変遷から見るタイガー・ウッズのこだわり

契約を結ぶ同社ボール商品開発部の古山大樹氏に話を聞いた。 ボール開発担当者が明かすウッズのこだわり 2016年、ウッズは長年契約していたナイキのハード事業撤退に伴い、道具の変更を余儀なくされる。まずは
2020/01/10中古ギア情報

中古で探す2019年国内女子ツアーの優勝ドライバー

、「キャロウェイ エピック フラッシュ サブゼロ ドライバー」。そのうち3勝は契約プロの柏原明日架の2勝、河本結の1勝、ほか6勝が契約外の申ジエ、成田美寿々、穴井詩らの使用によるもの。 このモデルは低
2019/03/08中古ギア情報

米ツアー選手と契約した三浦技研のアイアンとは

世界ゴルフ選手権シリーズ「WGCメキシコ選手権」開幕日の2月21日、世界ランキング61位(※3月6日時点)のアブラム・アンセルが三浦技研とアンバサダー契約を結んだ。昨シーズンの
2019/03/18優勝セッティング

開幕2戦連続でピン契約選手が勝利 鈴木愛も『G410 プラス』

でピン契約プロがカップを掲げた。14本のクラブすべてを同社製でそろえる。 ドライバーとフェアウェイウッドは比嘉と同じく、最新モデルの『G410』シリーズを使用。ユーティリティは最終日には『G400』を
2019/05/18クラブ試打 三者三様

G410 アイアン/ヘッドスピード別試打

ウッドが大人気の「G410」… アイアンはどう? 今春発売した話題作の中でも、1、2を争うほどヒットを飛ばしているピン「G410」シリーズ。ドライバーを使用したピン契約の女子プロが開幕戦から連勝した