2000/10/22ブリヂストンオープンゴルフトーナメント

佐藤信人、逆転して今季V4

前半もたついたものの、それでも途中までは宮本勝昌の優勝確定か?という雰囲気だった。しかし宮本は15番で使用球ペナルティ付加のボギーとしたまま終盤伸ばせず。追い込んできた佐藤信人が16番、18番の
2018/06/27佐藤信人の視点~勝者と敗者~

秋吉翔太が変えなかった“自分スタイル”

」の出場資格も視野に入ってくると思われますが、彼が“自分のスタイル”を変えずにメンタルだけをうまく切り替え、挑戦を続ければ、海外でも必ず結果を残せる選手に成長していくと信じています。(解説・佐藤信人
2001/10/11日本オープンゴルフ選手権競技

佐藤信人が首位、伊沢は4位と好スタートを切った

。 初日首位に立ったのは、昨年の日本プロゴルフ選手権に優勝している佐藤信人。ラウンド前の練習では、全然芯にボールが当たらなかったというが、前半からスコアを伸ばしてきた。 グリーンのセンターを狙って打った
2000/05/26三菱自動車トーナメント

手島、首位キープ。佐藤信人猛チャージ

夏のような好天の2日目。手嶋多一が9アンダーで首位を堅持している。8アンダー2位にはイーグルを出した謝錦昇。その後に猛烈な追い上げをみせた佐藤信人。前日パープレー39位からスタートしていたが、64を
2019/12/11佐藤信人の視点~勝者と敗者~

ため息、悲鳴、そして歓声… 18番グリーンが生んだドラマ

ふさわしい締め方といえるのではないでしょうか。 大歓声の中で両手を挙げた主役の後ろ姿を見ながら感じたことは、選手らに悲劇も強いる名物ホールは、劇的な幕切れも用意してくれるということ。日没を間近に控えた陰りの中で、華やぐギャラリーの光景を演出した18番ホールに改…
2019/12/18佐藤信人の視点~勝者と敗者~

タイプの違う2人のキャプテン

いくと予想できます。その幕開けが今大会だったといえます。“兄貴”と“父親”という顔もまたどのように変わっていくのか、とにかくいま言えることは、すでに次戦が楽しみで仕方ないということです。(解説・佐藤信人
2002/08/23WGC NECインビテーショナル

伊沢、R.グーセンと並び首位タイで発進!

まだ第1ラウンドが終わったばかり。「我慢にも慣れました」と語る丸山が明日以降チャージをかけてくると期待できそうだ。 今年、アメリカでの試合出場はこれが2試合目の佐藤信人は3バーディ、6ボギーで3
2002/08/23WGC NECインビテーショナル

伊沢、R.グーセンと並び首位タイで発進!

まだ第1ラウンドが終わったばかり。「我慢にも慣れました」と語る丸山が明日以降チャージをかけてくると期待できそうだ。 今年、アメリカでの試合出場はこれが2試合目の佐藤信人は3バーディ、6ボギーで3
2018/01/10佐藤信人の視点~勝者と敗者~

“持ち球”を変える 松山英樹が挑む2018年の変革

「スイング修正」でどこまで理想に近づけることができるのでしょうか。私はこの小さいようでとても大きな変革を、2018年最大の見どころに置きたいと思います。(解説・佐藤信人)
2011/10/16GDOEYE

3位に終わった佐藤信人 復活への光明

千葉県の鷹之台カンツリー倶楽部で開催された国内男子メジャー第3戦「日本オープン」は、韓国のベ・サンムンの日本ツアー3勝目で幕を閉じた。6アンダーの単独首位からスタートした佐藤信人の9年ぶり、通算10
2000/06/04JCBクラシック仙台

文句なし佐藤信人、強い!

ショット、パットともに今の佐藤信人には死角というものが見当たらない。そんな佐藤が大差をもらって最終日をプレーしたのだから、付け入るスキがない。当然のように逃げきって今季2勝。たった2勝と聞くと意外な
2019/05/08佐藤信人の視点~勝者と敗者~

気負いに勝った無心の境地

、無心で挑んだおかげで運を味方につけ、勝利をつかむことができました。広い視野でラインを読み、無心でタッチを合わせたからこそ、最後のカップ際のひと転がりが生まれたのではないでしょうか。(解説・佐藤信人
2001/10/11日本オープンゴルフ選手権競技

佐藤信人が首位、伊沢は4位と好スタートを切った

。 初日首位に立ったのは、昨年の日本プロゴルフ選手権に優勝している佐藤信人。ラウンド前の練習では、全然芯にボールが当たらなかったというが、前半からスコアを伸ばしてきた。 グリーンのセンターを狙って打った
2017/11/07佐藤信人の視点~勝者と敗者~

沖縄開催の意義 硬い芝が演出する“世界基準”のコース

」で優勝したチャン・キム(米国)選手や2位に入った池田勇太選手、ソン・ヨンハン(韓国)選手といった顔ぶれを見ると、“やはり”と納得してしまいます。 国内選手たちが世界基準で戦える場。今後も年に一度は沖縄での大会を開催してほしいと切に望みます。(解説・佐…
2019/02/13佐藤信人の視点~勝者と敗者~

期待高まるペブルビーチでの生涯グランドスラム

グランドスラムを見据えるならば、そろそろ達成しておかないと厳しい年齢でもあります。4カ月後の「全米オープン」の会場では、ニクラスとウッズによるぺブルビーチの巡り合わせも相まって、彼に対する声援は際立って海岸添いに響きわたることでしょう。(解説・佐藤
2018/03/06佐藤信人の視点~勝者と敗者~

ミケルソンにあってウッズにないもの

彼らの役割は十分に残っています。開幕まで残り一カ月を切った「マスターズ」に向け、まずは1人の大物役者が舞台のそでに立ったといったところでしょうか。(解説・佐藤信人