ニュース

国内男子日本プロゴルフマッチプレー選手権プロミス杯の最新ゴルフニュースをお届け

決勝戦は佐藤信人VS近藤智弘。勝負強い2人が勝ちあがってきた

国内男子ツアー「2002日本プロゴルフマッチプレー選手権」の3日目は、準々決勝4試合に続き、午後からは準決勝2試合が行われた。午前中の準々決勝はそれぞれ接戦が繰り広げられた。

まず第1試合に登場した宮瀬博文細川和彦の戦いは、スタートホールで宮瀬がバーディを奪いリードを奪うと、細川が離されないように食い下がる展開となった。12番の長いパー4で細川が、この日4度目のスクエアに戻すと16番までオールスクエアが続いた。17番パー3ではティショットをバンカーに入れた宮瀬がチップインバーディを奪うと、細川も5メートルのバーディパットを入れ返す。そして、最終18番でパーセーブした宮瀬に対して細川はパーセーブできず、1アップで宮瀬が準決勝1番乗りを果たした。

続く第2試合は、3番のパー3でバーディを奪ったデビット・スメイルが先手を取った。しかし、好調の佐藤信人は、すぐにオールスクエアに戻すと、5番パー5でバーディを奪って逆にリードを奪った。その後6番から12番ホールまで均衡状態が続いたが、13番で佐藤が2アップにリードを広げた。これで佐藤有利かと思われたが、14、15番で連続バーディを奪ったスメイルが再びオールスクエアに戻した。このままエキストラホールに突入するかと思われた最終18番、佐藤がバーディでスメイルを振り切った。

前日、昨年優勝のD.ウィルソンを破った近藤智弘は、ベテランの室田を相手にのびのびとプレーをした。前半は近藤がリード、中盤は室田が1アップという状況で終盤までもつれることになった。勝負どころになったのは14番パー5だった。バーディを奪った室田に対し、近藤はイーグル、ここで再び近藤の1アップ。そして16番でもバーディを奪った近藤が1ホール残して2アップで勝利。

最終4試合目は、これまでマッチプレーで勝利の無かった片山晋呉が、平石武則を2アンド1、17番ホールドーミーホールで引き分けて準決勝にコマを進めた。この試合は8番ホールまで一歩も譲らぬ展開だったが、終盤に入るとジワジワと片山が攻めていった印象が深い。

そして、午後に行われた準決勝

第1試合は、5番パーでバーディを奪った佐藤信人が、3ホール立て続けに奪い3アップと大きくリードを奪った。しかし、そのまますんなり終わらないのがマッチプレーならではの面白さだ。8番、10番(イーグル)、13番で宮瀬博文が取り戻し、オールスクエアになった。その後は息を呑むような展開で両者一歩も譲らず18番ホールでも決着はつかなかった。そして、エキストラホールの1ホール目に、宮瀬が右の林に打ち込み、パーパットを外したところでギブアップ。佐藤が宮瀬を振り切った。

マッチプレー初出場の近藤智弘に対し、片山晋呉がスタートホールバーディで先手を打った。近藤も5番、9番でオールスクエアに戻すが、試合は終始片山のペースで進行した。しかし、最後まであきらめなかった近藤は、15番で追いつくと、3回戦で勝負を決めるバーディを奪った16番で再びバーディ。初めてリードを奪った。17番パー3では、片山が気合いのバーディで取り戻したが、最終18番で近藤が林の中からスーパーショットを炸裂させ、バーディで片山を下した。昨年のウィルソンに続き、初出場初優勝を狙って決勝戦進出を決めた。

※【ドーミーホール】:そのホールで勝つか引き分ければ、マッチの勝利が決定するホールを指す。
※【アップドーミー】:そのホールで勝てば、マッチの勝利が決定するホールを指す。
※【スコアの見方】:例)「2アンド1」:「2」はアップ数を指し、「1」は残りホール数を指す。
マッチプレーでは、勝ちが決定したホールで試合は終了となる。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2002年 日本プロゴルフマッチプレー選手権プロミス杯




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!