2018/02/25ツアーギアトレンド

賞金ランク日本勢トップ3の2018年開幕ドライバーは?

ランキング日本勢トップ3のドライバーについて、メーカー各社に聞いた。 鈴木愛:賞金ランク1位 1億4012万2631円 昨季2勝で賞金女王に輝いた鈴木愛はオフに契約するピンゴルフ本社がある米アリゾナ州
2016/02/25新製品レポート

「アイアンも“たわみ”で飛ばす」ピン G アイアン

】聞くところによると、ピンゴルフジャパンの社長であるジョン・K・ソルハイムさんが、日本のゴルファーの好みを調査して反映した結果、こういう普通のアイアンっぽい仕上げや形状を取り入れたらしいですよ。一般的には
2019/07/17ギアニュース

溝が1本追加されたピン「GLIDE 3.0」9月6日発売

ピンゴルフジャパン(本社・埼玉県戸田市)は16日、GLIDEウェッジの最新モデルとなる「GLIDE 3.0 ウェッジ」を、9月6日に発売すると発表した。 前作「GLIDE 2.0 ウェッジ」は高い…
2012/05/29マーク金井の試打インプレッション

ピン i20 ドライバー

最近この企画でも紹介してきた白いヘッドとは対照的な黒ヘッド。つや消しに加工されているため、ヘッドの体積を感じさせない締まった形状に見えるピンのi20ドライバー。アスリートが好みそうなクラブだが、実際にはどんなタイプのゴルファーに向いているのか、マーク金井が検証を行う。 ・ドライバーで左のミスを抑えたい人 ・スピンを減らして飛距離を稼ぎたい人 ・重いヘッドが好きなゴルファー ピンのアスリート向けブランドであるiシリーズ。前作i15からほぼ2年ぶりのモデルチェンジとなったが、まず目を引くのがカラーリング。ヘッドはつや消し処理がなされたマッドブラック。白いヘッドとは違った意味で存在感を強烈にアピール...
2017/02/28マーク金井の試打インプレッション

ピン i200 アイアン

女子ツアープロに圧倒的な人気のピンのiシリーズがモデルチェンジ。新しい『ピン i200 アイアン』は、上級者、プロが好むシャープなルックスながらもスイートスポットが広くて打感も柔らかく“上級者でなくても使えそう”と評判になっている。クラブアナリスト・マーク金井が徹底試打を敢行し、アマチュアゴルファー目線でその打ちやすさを検証する。 ・やや小ぶりなヘッドが好きな中・上級者 ・操作性が高いクラブを求める中・上級者 ・ダウンブローに打ちたいゴルファー 女子プロゴルファーやアスリート指向のアマチュアゴルファー向けとして位置付けられているiシリーズの最新作となるのが、今回試打するi200 アイアン。 ヘ...
2018/02/26ダイキンオーキッドレディス

比嘉真美子がピンゴルフと用具契約 4季ぶりV決め手

ピンゴルフは26日、ツアー通算3勝の比嘉真美子との用具契約を発表した。今週開催の国内女子ツアー開幕戦「ダイキンオーキッドレディス」(3月1日/琉球GC)から同社製のクラブを使用する。 比嘉がクラブ
2013/06/14ギアニュース

PINGコンセプトショップが赤坂見附に!

か? 店舗詳細は以下の通り。 ■ビックカメラ赤坂見附駅店 7Fゴルフコーナー(PINGコンセプトショップ) 住所:東京都港区赤坂3‐1‐6(東京メトロ赤坂見附駅ビル「ベルビー赤坂」) 問い合わせはピンゴルフジャパンへ、03-5916-1812。
2011/08/23マーク金井の試打インプレッション

ピン G20 ドライバー

発売間近となった「PING G20シリーズ」。飛距離性能と、リーズナブルな価格で話題となっているドライバーを一足はやく調査するため、クラブライターのマーク金井に徹底調査を依頼した。 ・ミート率に不安をかかえるゴルファー ・ドライバーで左のミスを抑えたい人 ・スピンを減らして飛距離を稼ぎたい人 PINGの主力ブランドであるGシリーズ。前作G15からほぼ2年ぶりのモデルチェンジとして登場したG20。前作同様、体積は460CCだが、構えるとG15よりも一回り大きく感じる。投影面積を増やしたことに加え、ヘッド色がブラックからダークグレーに変わったことでも、視覚的に大きく見えてくるのだろう。ヘッド形状に...
2018/04/24マーク金井の試打インプレッション

つかまり良し、やさしさ重視「ピン G400 SFテック ドライバー」

多くのプロゴルファーがツアーで勝利を挙げるピン G400シリーズの人気が衰えない。なかでも「G400 SFテック ドライバー」はボールのつかまりと上がりやすさがシリーズで1番と評判だ。マーク金井が試打し、どんなゴルファーに向いているのか、インプレッションする。 ・直進性の高い弾道で飛ばしたい人 ・つかまりの良いクラブを求める人 ・調整機能付きクラブが好きなゴルファー ピンの主力ブランドであるG400シリーズ。今回試打するのは「G400 SFテック ドライバー」だ。ヘッド体積は兄弟モデルの「G400」と同じ445cc。前作よりも15ccサイズダウンされているが、小さくなったという感じはない。 ク...
2018/04/12ツアーギアトレンド

ミントブルーの女性向け 下部ツアー賞金王のパター

、大きく見えて安心感がある」というヘッドのカラーリングだ。昨年までは、ヘッドがレッドに彩られたテーラーメイドの『スパイダー ツアー レッド』を使用。今年から契約するピンゴルフには「色付きがレディースの
2020/08/27topics

欠品するほど売れた「G410 ドライバー」 売れ筋は値下げにならない?

2019年3月の発売から人気が続いていたピン「G410」シリーズが、ついにマークダウン(値下げ)され、ゴルフショップの店頭を飾っている。せっかくお買い得価格なのに、自分に合ったスペックが見つからない? 次のチャンスを逃さぬために、狙っていた商品を手に入れられなかった理由を、GDOショップのG410シリーズ販売データから「組み合わせ別」でひも解いてみた。 真っ先に「残念すぎる買い逃し体験」の理由を回答してしまうと、「ゴルフクラブの人気度は、ブランドやシリーズだけでなくスペック単位で異なるため、“買い時”を見定めることがとても難しい」からだということになる。3タイプのヘッドがそろい、シャフトもバリ...
2014/03/18マーク金井の試打インプレッション

ピン i25 ドライバー

前作の「ピン i20 ドライバー」は世界のツアーでたくさんの優勝者を生み出したモデル。そのドライバーを超えるべく、今回発売されたのが「ピン i25 ドライバー」。前作を高く評価していたクラブアナリストのマーク金井が厳しい視点で徹底検証を行う。 ・左のミスを抑えたい中上級ゴルファー ・スピンを減らして飛ばしたい人 ・ロフト角調整機能が欲しいゴルファー ピンのアスリート向けブランドであるiシリーズ。前作i20から2年ぶりのモデルチェンジとなったが、まず目を引くのがクラウンのグラフィック。前作と同じく、ヘッドはつや消し処理がなされたマッドブラックだが、そこにダークシルバーの太いレーシングストライプが...
2018/09/25マーク金井の試打インプレッション

シャープなブレード形状のぶっ飛び系「ピン i500 アイアン」

ブレードアイアンに見えるのに、驚くほどの飛距離性能で注目を浴びている「ピン i500 アイアン」。マーク金井が試打を行い、その飛距離性能は本当なのかをインプレッションする。 ・やや小ぶりなヘッドが好きな人 ・アイアンに飛距離を求める中・上級者 ・シンプルなデザインを好むゴルファー ピンのアイアンはiシリーズとGシリーズがラインアップされており、今回試打するのは「i500 アイアン」だ。iシリーズは、操作性とやさしさを兼ね備えたモデルと位置付けられているが、この「i500」は飛び系モデルとして登場した。 ヘッドサイズは、ピンの中ではやや小ぶり。加えてバックフェースはキャビティ構造ではなく、マッス...
2016/11/18ギアニュース

アンサーパター 誕生50周年記念の限定モデル

シリアル番号入りで2種各100本 ピンゴルフジャパン(東京都北区)は、アンサーパター発売開始50周年を記念して、1966年当時のオリジナルの金型を使用した2種類のアンサーパターを、12月22日に日本…
2011/08/03ギアニュース

PING ANSERシリーズからウェッジ、パターが登場

ピンゴルフジャパンは、昨年発表し話題となった「ANSERアイアン」の流れを踏襲した、「ANSERウェッジ」と「ANSERパター」7機種を発表した。 「ANSERウェッジ」は日本のゴルファーに合わせた
2017/12/19マーク金井の試打インプレッション

ダフりミスに強く直進性が高い 「ピン G400 アイアン」

ピン史上でもっとも深・低重心設計のアイアン「ピンG400アイアン」。発売以来販売が好調で品薄となり、ツアーではジャンボ尾崎が使用して話題となっている。マーク金井が、話題のやさしさを探るべく試打を敢行、アマチュアゴルファー目線でインプレッションする。 ・ミスに強くてやさしいアイアンを使いたい人 ・直進性の高い弾道を求めるゴルファー ・適正ライ角のアイアンを求めているゴルファー ピンのアイアンにはiシリーズとGシリーズがあるが、今回試打するのは後者の最新作「G400アイアン」だ。これまでのGシリーズ同様、ヘッドは大ぶりで、ソール幅が広く、構えただけでミスに強いやさしさを感じさせてくれる。適度なグー...
2009/10/05ギアニュース

ピン東日本最大級の施設オープン

ピンゴルフジャパンは10月1日、ビックカメラ有楽町店本館3階のコンセプトショップを「PING フィッティングスタジオ有楽町 in ビックカメラ」へリニューアルオープンした。コンセプトショップは同社…
2011/03/02ギアニュース

~第1部 前作を超えない限りリリースしない!徹底した商品開発~ 米国PING本社に潜入レポート!

米国でゴルフクラブの売上高トップ3に入る「PING GOLF」。他の売上上位メーカーとは違い、ほぼゴルフクラブの売上で成り立っており、ゴルフクラブに関してユーザーから高い信頼を得ている大手メーカーだ。今回、人気の秘密を探るべく、米国アリゾナ州フェニックスにある「PING GOLF」本社に潜入調査を行った。 「PING GOLF」の創始者カーステン・ソルハイムは、「ピンパター」や「キャビティアイアン」を発明したクラブ開発出身の人物。「前作の製品を超えない限り、新製品はリリースしない」という会社理念は、2011年1月に日本の社長に就任したばかりの3代目ジョン・K・ソルハイムまで引き継がれており、エ...
2012/01/04ギアニュース

アスリート志向にピン『i20』シリーズ

ピンゴルフジャパンは3月3日、アスリートゴルファーへ向けた『i20』シリーズのドライバー、FW、ハイブリッド、アイアンを発売する。ヘッド全体はマッドブラックでシャープな顔つき。ヘッド重量が重く、強