2003/03/28ザ・プレーヤーズ選手権

タイガーは36位、日本勢は大きく出遅れた!

/B.ツエー/B.クレイン 7:30/12:15/S.エルキントン/M.カルカベッキア/S.ガルシア 7:40/12:25/C.ライリー/R.アレンビー/J.デーリー 7:50/12:35/D
2013/02/05PGAコラム

「59」ショットはどれくらい困難なこと?

最初にパターを打とうと、関係ないと思う。彼はそれを決めたんだから」。 ゴイドスや、「59」を達成した他の選手の価値を落とすわけではないが、1999年のデビッドデュバルを除けば、沢山の勝利試合数や
2017/03/06ヨーロピアンツアー公式

世界ランク1位のダスティン・ジョンソンがメキシコで戴冠

アンダーの5位タイにはベルギーのトーマス・ピータースと首位で最終日を迎えたジャスティン・トーマスが入った。 これまで、イアン・ウーズナム、デビッドデュバル、ビジェイ・シン、そしてアダム・スコットしか
2002/12/24マスターズ

2003マスターズからの招待状

・アーロン、チャールズ・クーディ ■全米オープン優勝者(過去5年間) レティーフ・グーセン、リー・ジャンセン ■全英オープン優勝者(過去5年間) アーニー・エルス、デビッドデュバル、ポール・ローリー
2018/07/16記録

「全英オープン」出場者&資格

1:7月22日時点で60歳以下の「全英オープン」歴代優勝者 マーク・カルカベッキア スチュワート・シンク ダレン・クラーク ベン・カーティス ジョン・デーリー デビッドデュバル アーニー・エルス
2003/06/07FBRキャピタルオープン

D.デュバル復活!? 9バーディで2位に浮上!!

メリーランド州のTPC at アベネルで開催されている、米国男子ツアー第22戦『FBR キャピタルオープン』。上位陣は順調にスコアを伸ばしているが、この日も目玉はなんと言ってもデビッドデュバル
2011/09/27佐渡充高のPGA選手名鑑

佐渡充高が簡単解説!初めてのPGAツアー【第十四回】

は日本にもタイガー・ウッズやデビッドデュバルが来日するなど、盛り上がりを見せていました。世界選手権だったからこそ、あれだけの豪華メンバーが集まれたと言っても過言ではないでしょう。しかし数年前から世界
2001/08/02

欧州、米国ツアーを震撼させる日本製シャフト

ロイヤルコレクションのアメリカ法人であるソナーテックは、きわめて優秀なフェアウェイウッドで有名である。 先の全英オープンで、最終日、最終組のデビッドデュバルとベルンハルト・ランガーは、両者とも依頼された
2001/11/08ダンロップフェニックストーナメント

やはり大本命、D.デュバルが初日から単独首位だ

国内男子ツアー「ダンロップフェニックストーナメント」の初日。学生時代には1度日本でプレーしたことがあるというD.デュバルが、プロゴルファーとして初めて日本のトーナメントに出場し、いきなり単独首位に
2001/11/08ダンロップフェニックストーナメント

やはり大本命、D.デュバルが初日から単独首位だ

国内男子ツアー「ダンロップフェニックストーナメント」の初日。学生時代には1度日本でプレーしたことがあるというD.デュバルが、プロゴルファーとして初めて日本のトーナメントに出場し、いきなり単独首位に
2002/09/08ベルカナディアンオープン

ベル・カナディアンオープン3日目上位選手インタビュー

ツアーでは優勝が1回。でも2位が5回もあります。それも僅差で優勝を逃したものばかりですし、デビッドデュバル、タイガー・ウッズなど強い選手に優勝を奪われました」 ビリー・アンドレード(-13/3位タイ
2002/10/14インベンシスクラシック at ラスベガス

PGAツアー「インベンシス・クラシック」最終日

90ホール、5日間に渡って3つのコースで開催される「インベンシス・クラシック」。この2シーズン、怪我やプライベートな問題で調子が良くないデビッドデュバル。2002年シーズンに至ってはトップ10
2019/07/16全英オープン

2019年「全英オープン」出場者&資格

1:6月21日時点で60歳以下の「全英オープン」歴代優勝者 スチュワート・シンク ダレン・クラーク デビッドデュバル アーニー・エルス パドレイグ・ハリントン ザック・ジョンソン ポール・ローリー
2001/09/25WGC EMCワールドカップ

EMCWorldCupシード18カ国が決定、日本選手代表も決まった!

ワールドランキング1位を独走するタイガー・ウッズが昨年同様デビッドデュバルを指名し、最強コンビで出場することが決まった。米国の同時多発テロの影響など、周囲の心配もあるが、タイガーからは事件後に事務局に