ニュース

米国男子アーノルド・パーマーインビテーショナルの最新ゴルフニュースをお届け

石川遼

遼、終盤に粘り予選通過圏内でスタート

今季の米国男子ツアー第13戦「アーノルド・パーマーインビテーショナル」が24日(木)、フロリダ州ベイヒルGC&ロッジで開幕。石川遼は2バーディ、4ボギーの「74」でまわり2オーバーの46位タイでスタートした。

強風の吹いた午後のスタートとなった石川は序盤から苦戦を強いられた。出だしの1番。ドライバーでのティショットはいきなり右のフェアウェイバンカーへ。第2打も右のラフにつかまり、3オン2パットのボギー発進としてしまう。

その後もショットは散らばり、バーディをなかなか奪えない。だが石川は冷静だった。同組のデビッド・デュバルニック・オハーンもともにボギー発進。リーダーズボードを見れば、上位陣も時間の経過とともに伸び悩みが見て取れる。「もしかしたら、自分だけが苦しんでいるのではないかもしれない」。前半を終えて2オーバー。それでも「何が何でも3オーバー以内で(ホールアウトする)」と気持ちを切り替えた。

12番、14番では目玉になってしまったバンカーからのショットが寄らずに、またしてもボギー。4オーバーとしてしまう。しかし16番(パー5)。3打目のグリーン左からのアプローチを2メートルにつけ、スライスラインを読み切って初バーディを奪取。さらに最終18番では、残り158ヤードの第2打を9番アイアンでピン右3メートルにつけてバーディフィニッシュ。難易度の高い、上がりの3ホールでスコアを2つ伸ばし、なんとか2オーバーでしのいだ。

「風が吹くと、雨より疲れます。相当難しいコンディションだった。ここまで風が吹くとはイメージしていなかった」と石川。その言葉は、この日の全選手の平均スコア74.743が証明している。あこがれのデビッド・デュバルとの初ラウンドは「ほかの選手とは全然違う」と緊張感も抱きながらプレー。それでもラウンド中に軌道修正した目標の3オーバーを上回るスコアに「強い風の中でのプレーを強いられたが、耐えたと思う」と納得した表情を見せた。

今大会は4月の「マスターズ」前、自身最後の出場試合となる。それだけに4日間プレーしたい思いは強い。だが「予選通過ではなく、あくまでアンダーパーグループに入ることを目標にしたい」と言う。第2日は午前スタート。風も弱まり、きれいなグリーン状態も期待できる。「明日は今日より多くのチャンスを作れると思う」と前向きに話し、すぐにアプローチ練習場へと向かった。

おすすめ記事通知を受け取る

2011年 アーノルド・パーマーインビテーショナル




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。