2019/12/18佐藤信人の視点~勝者と敗者~

タイプの違う2人のキャプテン

出場している間は、副キャプテンのスティーブストリッカー(米国)に任せていましたし、どちらかといえば主導性を控え、背後で見守る“兄貴”的な存在でチームを引っ張っていたように見受けられました。 一方
2019/07/01全米シニアオープン選手権

ストリッカーが新記録で「全米シニアオープン」制覇

◇米国シニア◇全米シニアオープン 最終日(30日)◇ウォーレンGC (インディアナ州)◇7004yd(パー70) 52歳のスティーブストリッカーが記録的なスコアでシニアメジャーを制した。「全米…
2018/08/20米国男子

ガルシアは初めてプレーオフに進めず 2人が滑り込み

を終了。2011年の年間王者であるビル・ハースも152位にとどまり、ガルシアと同じくプレーオフ進出は11年連続で途切れた。 そのほか、グレーム・マクドウェル(北アイルランド/144位)、スティーブ
2018/08/18米国男子

プレーオフ出場争いの主役 ガルシアが4位に浮上

アーニー・エルス(南アフリカ)、スティーブストリッカー、ハンター・メイハンらは予選落ちし、プレーオフ進出を逃した。(ノースカロライナ州グリーンズボロ/塚田達也)…
2018/07/16米国男子

マイケル・キムがツアー初優勝 「全英」出場権を獲得

スコアを伸ばして独走態勢へ。後半16番(パー3)でも6mにつけて5つ目とし、スティーブストリッカーの大会記録(2010年/通算26アンダー)を1打更新。有資格者をのぞく今大会の上位1人に付与される
2018/06/11記録

「全米オープン」出場選手&資格

ルーカス・ハーバート クリストファー・バブコック サルマン・ラザ マイケル・ブロック サム・バーンズ マッケンジー・ヒューズ スティーブストリッカー ラント・グリフィン ブランデン・ソーンベリー…
2018/06/11全米オープン

「全米オープン」最終ラウンド組み合わせ

・ナエジェル李昊桐 11:17(0:17) マット・パージャル (a)スティーブストリッカー 11:28(0:28) ブラント・スネデカージョナサン・ベガス 11:39(0:39) ラファ…
2018/06/08米国男子

S.パワーが首位発進 ケプカ、ミケルソンら1打差2位

バーディ、1ボギーの「65」とし、5アンダー単独首位の好スタートを切った。 ブルックス・ケプカ、フィル・ミケルソン、スティーブストリッカーら11人が4アンダーの2位グループを形成。次週の海外メジャー
2018/06/05全米オープン

宮里優作は本戦切符逃す スコットら突破/全米OP予選会

(アイルランド)、シュバンカー・シャルマ(インド)、ラッセル・ノックス(スコットランド)らが本戦切符を獲得。テネシー州の会場で51歳のスティーブストリッカーが通過した。(オハイオ州/林洋平)
2018/05/16米国男子

小平智も感動 50歳・谷口徹のVに「むちゃくちゃ刺激」

、「すごくいい感じに見えました。一緒に回ったから分かった」という。 「むちゃくちゃ刺激をもらいました」と小平。ただ、米ツアーに来てみると、55歳のビジェイ・シン(フィジー)や51歳のスティーブ
2018/05/10米国男子

51歳“ストリッカー先生”を観察 松山英樹の最終調整

の練習ラウンドではスティーブストリッカーらとプレー。ベテランのショートゲームを観察するなど、充実の時間を過ごした。 51歳のストリッカーはツアー通算12勝。すでにシニア入りして2勝を飾った一方で…
2018/03/13米国男子

ウッズ&エルスがプレジデンツカップ主将に就任へ

17年大会はスティーブストリッカーが米国選抜、ニック・プライス(ジンバブエ)が世界選抜のキャプテンを務めた。ウッズとエルスはともにプレーをしない副キャプテンのひとりとして参加した。 大会の通算成績は
2018/02/22米国男子

タイガー・ウッズが「ライダーカップ」米副主将に

れ、「もちろん」と応じた。スティーブストリッカー、デービス・ラブIIIとともに、2大会連続で副主将を務める。選手としても7回の出場経験があるウッズは「僕たちは何年もライダーカップで一緒に戦ってきた
2018/02/12米国男子

テッド・ポッターJrが完勝で6季ぶりV

アンダーの20位タイ。5位から出た50歳のスティーブストリッカーは、最終日は4オーバー「76」とスコアを崩し、通算7アンダーの26位で4日間の戦いを終えた。