ニュース

米国男子ウィンダム選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2018年 ウィンダム選手権
期間:08/16〜08/19 セッジフィールドCC(ノースカロライナ州)

プレーオフ出場争いの主役 ガルシアが4位に浮上

◇米国男子◇ウィンダム選手権 2日目(17日)◇セッジフィールドCC(ノースカロライナ州)◇7127yd(パー70)

次週からスタートするプレーオフシリーズ(フェデックスランキング125位まで)の出場圏外にいるセルヒオ・ガルシア(スペイン)が、20位から出た2日目を「65」でプレー。後半15番(パー5)では215ydから6番アイアンでピン左4mに乗せてイーグルとし、通算9アンダーの4位タイに浮上して決勝ラウンドに進んだ。

今週を前にしたフェデックスランクは131位。現時点のリーダーボードのまま大会を終えたと仮定すると、118位に浮上して圏内に滑り込む計算になる。ガルシアはプレーオフ制が導入された2007年以降で初めて進出を逃す危機にあるが、昨年の「マスターズ」以来となる米国ツアータイトルも狙えるポジションに上がってきた。

今季はマスターズをはじめ、4大メジャーすべてで予選落ち。ただ、「ゴルフが少し良くなってきたと感じているところだ。この状態を続けていければいいね。これまでの数週間と比べて、この位置にいられることに興奮しているよ」と復調の気配を感じている。

とはいえ、久々のタイトルも、フェデックスランク125位を巡る争いへの意識も、いまは胸の中に押し込めている。「この2日間で良かったことを続けていくだけさ。どんなことが起きてもね」。無心で週末に臨む心構えだ。

同じく圏外にいたアーニー・エルス(南アフリカ)、スティーブ・ストリッカーハンター・メイハンらは予選落ちし、プレーオフ進出を逃した。(ノースカロライナ州グリーンズボロ/塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 ウィンダム選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。