2015/12/30ヨーロピアンツアー公式

ドバイでの挑戦へ向け勇躍するアマチュアのデシャンボー

目の選手となり、華々しいかたちでその名を世間に知らしめた。 この偉業により、彼は同一シーズンにNCAAと「全米アマチュア選手権」を制したジャック・ニクラス(1961年)、フィル・ミケルソン(1990年
2014/04/09PGAコラム

オーガスタナショナルで何がしたい?(2/2)

・ナショナルでのホールインワンはどんな気分? ○ライアン・ムーア 「オーガスタの16番ホールでホールインワンを決めた時、正直今まで経験した中で一番素晴らしい歓声を聞いたんだ。あのホールでは、ボールを
2013/10/19PGAコラム

ウェブ・シンプンソンが4打差の首位で大会を折り返す

2日目を「71」でラウンドし、ジョン・センデン、ジェフ・オバートン、チェソン・ハドリー、ジェイソン・ボーンらと通算11アンダーで並んだ。ボーンは「64」、センデンとハドリーは「66」、そしてオバートン
2015/02/25ヨーロピアンツアー公式

全英のチャンスを歓迎するクッツェー

ロドニー・パンプリング、ブレット・ラムフォード、グレッグ・チャルマース、「タイゴルフ選手権」で出場権を勝ち取ったマーカス・フレイザー、スコット・ヘンド、ジョナサンムーア、アニルバン・ラヒリだ
2002/12/24マスターズ

2003マスターズからの招待状

のは、合計87名で、うち39名は米国以外の選手で、10名のプロが初出場を果すことになる。この中には、昨年全米プロでメジャー初優勝を果したリッチ・ビームや、ツアー初優勝を果したジョナサン・バードなどが
2018/07/16記録

「全英オープン」出場者&資格

・リード ジャスティン・ローズ ザンダー・シャウフェレ ウェブ・シンプソン ジョーダン・スピース カイル・スタンリー ジャスティン・トーマス ジョナサン・ベガス ゲーリー・ウッドランド 1…
2013/05/05PGAコラム

上位に浮上したムーアとカールソンの秘訣

By Helen Ross, PGATOUR.COM ロバート・カールソン(スウェーデン)とライアン・ムーアは、「グリーンマイル」と呼ばれるクエイルホロークラブのタフな上がり3ホールで、それぞれ上々
2013/09/14アジアンツアー公式

タイの英雄、タワン・ウィラチャンが首位浮上

メートルのイーグルパットを決めると、その後も同組で回り「75」を叩いたジョナサンムーア(米国)も惚れ惚れする完璧なショートゲームを披露。「パーオンは4つしかなかったけどチッピングとパッティングに救われ
2014/04/29PGAコラム

パワーランキング:ウェルズファーゴ選手権

位タイ(2013年)。 3、フィル・ミケルソン 勝利はなくとも常に今大会注目の選手。過去10大会全て予選通過、7度トップ10入りを果たしている。2013年大会では3位フィニッシュ。 4、ジム
2017/03/21WGCデルテクノロジーズ マッチプレー

松山は“死の組”か 池田&谷原は予選同グループで直接対決

ヤマはとてもタフなグループに入った」と報じられるほどの、実力者ぞろいの組となった。 日本の池田勇太(41位)と谷原秀人(60位)は同組となり、ジョーダン・スピース(6位)、ライアン・ムーア(36位)と
2013/12/08ヨーロピアンツアー公式

クールなドナルドソンが首位を堅持

「ネッドバンクゴルフチャレンジ」3日目は、初日と同じ「67」という好スコアでラウンドしたジェイミー・ドナルドソンが首位の座を堅持した。 3打差の首位でコースへ出た38歳のウェールズ人は、4番と5番で
2015/03/07ヨーロピアンツアー公式

終盤につまずくも…ホームズが首位堅持

「WGCキャデラック選手権」は2日目を終え、J.B.ホームズが最終ホールでダブルボギーをたたきながらも首位を守った。欧州勢ではヘンリック・ステンソンがフロリダでの栄冠へ望みをつないだ。 木曜は
2014/02/11PGAコラム

パワーランキング:ノーザントラストオープン

リビエラCCは、ジミー・ウォーカーの最もお気に入りのコースだ。もちろん今季3勝を挙げた、コルデバレー、ワイアラエ、そしてペブルビーチにも甘い記憶があるだろう。大リーグの名選手と謳われているウィリー
2014/04/12PGAコラム

波乱のマスターズ…メジャー覇者が次々に予選落ち

ラウンドに進めなかった中には、セルヒオ・ガルシアやルーク・ドナルド、全米アマチュアゴルフ選手権の勝者マシュー・フィッツパトリック、ライアン・ムーア、そして「WGCアクセンチュアマッチプレー選手権」で2
2011/08/06WGCブリヂストンインビテーショナル

石川遼が首位と3打差の10位タイに浮上!

・ファウラー。さらにライアン・ムーアとキーガン・ブラッドリーの3人。1打差の通算7アンダー5位タイにはジェイソン・デイ(オーストラリア)、マーティン・リード(スコットランド)、ロバート・カールソン