ニュース

米国男子マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

2016年 マスターズ
期間:04/07〜04/10 場所:オーガスタナショナルGC(ジョージア州)

革命児デシャンボーと球聖ジョーンズの共通点

今年で80回目を迎えたゴルフの祭典「マスターズ」だが、アマチュア選手が優勝したことは一度もない。2位に入ったことは3度あるが、直近は1961年(チャールズ.R.コー)と、55年も前のことだ。

2日目を終え、予選通過を果たしたアマチュア選手は2人。最上位となる8位タイにつけるのは“ゴルフの革命児”と目されるブライソン・デシャンボーだ。

<< 下に続く >>

昨年、「全米大学体育協会(NCAA)ゴルフ選手権」と「全米アマチュア選手権」を同年に制覇して、それまでジャック・ニクラスタイガー・ウッズフィル・ミケルソンライアン・ムーアだけが成し遂げていた偉業リストに加わった。

3Iからウェッジまで、すべて37.5インチという同じ長さのシャフトを使う独自の手法で、初のオーガスタへとたどり着いた。「ここに来られたことには理由がある。自分がやっていることを信じているからだ。もし自分のやっていることを信じていなかったら、ここには来られていなかったと思う」とデシャンボーは言う。その信念をさらに強化する出来事が、ここオーガスタであったという。

オーガスタナショナルGCのトロフィールームは、レストランとして使われている。デシャンボーが朝食をとるため、初めてその部屋に入ったときのことだ。ふと壁を見るとクラブセットが飾られており、彼はすぐにそれがボビー・ジョーンズの物だと分かったという。「だって、だいたい全部同じ長さをしていたから」。

「特別な瞬間だった。いつも話は聞いていたけど、実際にこの目で確かめたことはなかったから。でも、ケースをのぞき込んで良く見たら『なんてこった。本当に全部ほとんど同じ長さじゃないか』って驚いた。自分がやっていることへの確信を強めたね」

この日、デシャンボーは最終18番でティショットを左に曲げてアンプレヤブル。トリプルボギーを叩いて、首位と4打差となる通算イーブンパーでホールアウトした。だが、心は全く折れていない。

「全然、辛いことなんかない。ただの1打さ。みんな『かわいそう。彼は緊張していた』って言うけど、そんなことはない。2度引っ掛けてしまったのは残念な要素だけど、ただのゴルフゲームだよ。そこから学んで、また明日自分のベストを尽くせばいい」

「明日の準備はできているよ」とデシャンボー。次週の「RBCヘリテージ」で、プロ転向することが決まっているが、生涯アマチュアを貫いたジョーンズ同様、アマチュアとしても大仕事をやり遂げそうな雰囲気だ。(ジョージア州オーガスタ/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

今岡涼太(いまおかりょうた) プロフィール

1973年生まれ、射手座、O型。スポーツポータルサイトを運営していたIT会社勤務時代の05年からゴルフ取材を開始。06年6月にGDOへ転職。以来、国内男女、海外ツアーなどを広く取材。アマチュア視点を忘れないよう自身のプレーはほどほどに。目標は最年長エイジシュート。。ツイッター: @rimaoka

関連リンク

2016年 マスターズ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!