ニュース

米国男子ザ・メモリアルトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

2015年 ザ・メモリアルトーナメント
期間:06/04〜06/07 ミュアフィールドビレッジGC(オハイオ州)

松山英樹、3打差5位で決勝Rへ リングマースが首位

◇米国男子◇ザ・メモリアルトーナメント 2日目◇ミュアフィールドビレッジGC(オハイオ州)◇7392yd(パー72)

3打差の5位から出たスウェーデンのデビッド・リングマースが3連続を含む7バーディを奪い、ノーボギーでまとめる「65」をマークし、通算12アンダーとして首位に抜け出した。

初日首位タイに立った前年の覇者・松山英樹は3バーディ、2ボギーの「71」で回り、通算9アンダー。順位は5位に落としたが、首位から3打差で週末の2日間に臨む。

通算11アンダーの2位には、前半16番でホールインワンを決めたジェイソン・ダフナーがつけた。8バーディ、ノーボギーで「64」をマークしたアンディ・サリバン(イングランド)と連日「67」のライアン・ムーアが10アンダーとし、3位で追っている。

松山と並ぶのはジム・フューリックブレンドン・トッドジャスティン・ローズ(イングランド)、フランチェスコ・モリナリ(イタリア)だ。

タイガー・ウッズは「70」で回り、順位を21位上げて、通算1アンダーの64位とカットライン上で決勝ラウンドに進んだ。

石川遼は4バーディ、3ボギー、1ダブルボギーの「73」とスコアを落とし、通算4オーバーの101位で予選落ちした。

関連リンク

2015年 ザ・メモリアルトーナメント




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~