2016/05/30ディーン&デルーカ招待

ジョーダン・スピースが悲願達成!地元テキサスで初勝利

。 イングリッシュが通算14アンダーの2位。通算13アンダーの3位にライアン・パーマーとウェブシンプソンの2人が続いた。通算12アンダーの5位にカイル・ライファーズ、通算9アンダーの6位にアニルバン
2016/05/29ディーン&デルーカ招待

最終組のスピースとパーマー どっちがより地元?

)パットを外して本当にがっかりだ。あれを入れて、ホームコースで、自分の家族や友達、メンバーたちの前でジョーダンと最終組でやりたかったんだが…」と悔しがった。だが、最終組で回ったウェブシンプソンが最終
2016/05/29ディーン&デルーカ招待

スピースが地元テキサス初Vへ首位浮上 岩田は56位

バーディ、1ボギーの「65」で駆け抜け、通算12アンダーの単独首位に浮上。昨年2位のコロニアルCCで悲願達成に挑む。 通算11アンダーで2位に続くのは、今大会6年ぶり出場のウェブシンプソンとコロニアルCC
2016/05/29ディーン&デルーカ招待

【速報】首位にシンプソンら 岩田寛は44位で決勝Rへ

米国男子ツアー「ディーン&デルーカ招待」は28日午前、順延となっていた第2ラウンドを終えた。通算8アンダーとしたウェブシンプソンとマーティン・ピラーが首位。ジョーダン・スピースら4人が1打差の通算
2016/05/28ディーン&デルーカ招待

スピースが暫定3位に浮上 岩田寛は6ホール終え41位

イス・モルダーが3ホールを残し、通算9アンダーで暫定ながら首位を守った。プレーを終えたウェブシンプソンが通算8アンダーで暫定2位につけた。 3アンダー9位から出たジョーダン・スピースが6バーディ、2
2016/05/27ディーン&デルーカ招待

モルダーが首位発進 岩田寛は7打差60位

のベントグリーンに来ることを1年中待っていたんだ」と得意の芝も味方した。 5アンダーの1打差2位に続くのは、アニルバン・ラヒリ(インド)、パトリック・リード、ウェブシンプソンの3選手。4アンダーの
2016/04/07マスターズ

80歳のゲーリー・プレーヤーがホールインワン!

・カウフマン、ウェブシンプソンの8人が1つずつホールインワンをマーク。これまで最多だった2002年大会の計5個を大きく上回った。 優勝したのは、通算8アンダー(9ホール)としたウォーカー。「パー3
2016/03/09佐渡充高のPGA選手名鑑

<選手名鑑191>アダム・スコット(前編)

リングをしていた他の選手も、苦労しながら新たな方法を模索していた。2011年の全米プロ覇者キーガン・ブラッドリー、2012年の全米オープン覇者ウェブシンプソン、ツアー5勝のカール・ペターソンら強豪
2016/02/29ザ・ホンダクラシック

新ルールに勝ったスコット ショートパターで5年ぶりV

かみ締めた。 クラブの一部を上半身などに固定する打ち方「アンカリング」の規制。2012年末の発表から約3年の猶予期間を経て、今年1月に新ルールは施行された。スコットは、キーガン・ブラッドリーやウェブ
2016/01/18ソニーオープンinハワイ

片岡大育 反省と収穫を得たメジャーチャンプとの最終日

するメンバーも豪華そのものだ。2012年「全米オープン」覇者のウェブシンプソンと、13年「全米プロ」を制したジェイソン・ダフナー。真っ先に「やっぱりパッティングが上手だった」と評したのは、この日
2015/08/23ウィンダム選手権

ウッズは2位で最終日へ 首位のゴアを2打差で追う

並ぶ2位に、ゴアと同じく「62」をマークしたヨナス・ブリクスト(スウェーデン)とスコット・ブラウン。さらに1打差の5位に、ウェブシンプソン、ブラント・スネデカーら5人が続く。 52位で決勝ラウンド
2015/08/05佐渡充高のPGA選手名鑑

<選手名鑑168>ダニー・ウィレット

チームメートとして再会した。 対戦した米国チームのメンバーは当時、カレッジリーグのスター選手軍団だった。ダスティン・ジョンソン、リッキー・ファウラー、ウェブシンプソン、ビリー・ホーシェル、クリス・カーク
2015/06/30ザ・グリーンブライアークラシック

タイガー参戦!逃げ切りなしのジンクスは覆されるか?

ウェストヴァージニア州にあるザ・グリーンブライアー(ザ・オールドホワイトTPC)で7月2日(木)から5日(日)までの4日間、米国男子ツアー「ザ・グリーンブライアークラシック」が開催...
2015/06/22ヨーロピアンツアー公式

ジョーダン・スピースの大会制覇にまつわる記録集

顔ぶれは、タイガー・ウッズ(2002年、2008年)、ジム・フューリック(2003年)、ルーカス・グローバー(2009年)、ウェブシンプソン(2012年)、そしてジョーダン・スピース(2015年)と
2015/05/18GDOEYE

ロジャースとトーマス 22歳のライバル関係

最終日最終組でロリー・マキロイ(北アイルランド)が悠々と、世界ランク1位の貫禄を見せつけて7打差の勝利を飾った「ウェルズファーゴ選手権」。そのマキロイに次いでウェブシンプソンと並ぶ2位に入ったのは
2015/05/18ウェルズファーゴ選手権

マキロイが今季2勝目!大会最多21アンダーで逃げ切る

。 通算14アンダーで2位に入ったのは22歳のパトリック・ロジャースと、ウェブシンプソン。通算12アンダーの4位にゲーリー・ウッドランド、フィル・ミケルソン、ロバート・ストレブの3人が続いた。 6