ニュース

米国男子プレジデンツカップの最新ゴルフニュースをお届け

2019年 プレジデンツカップ
期間:12/12〜12/15 場所:ロイヤルメルボルンGC(オーストラリア)

容赦ないヤジ パトリック・リード「予想した通り」

◇世界選抜VS米国選抜対抗戦◇プレジデンツカップ 初日(12日)◇ロイヤルメルボルンGC(オーストラリア)◇7055yd(パー71)

容赦ないヤジは世界選抜のホームだから、というだけではないかもしれない。オーストラリアのギャラリーからは、米国選抜のパトリック・リードのプレーにひときわ大きなリアクションが起こっている。

前週のツアー外競技「ヒーローワールドチャレンジ」の3日目が騒動の発端。首位から出たリードは後半11番(パー5)のウエストエリア内での一連の動きの中で、クラブヘッドがボール後方の砂地に複数回、接地していたことが判明し、ゴルフ規則8.1a(ライ改善の制限)により2罰打を科された。「映像を見て罰打を受け入れた。ライに影響していたとは気が付かなかった」と説明した。

世界選抜サイドでも、キャメロン・スミス(オーストラリア)が「cheat(不正行為)」の表現でリードを批判。「ヒーローワールドチャレンジ」の大会ホストであり、主将推薦でリードを指名したタイガー・ウッズにも開幕前から質問が飛び「適切な罰を受けた。それで終わりだ」と火消しに動くこととなった。

ウェブ・シンプソンとのペアで松山英樹&パン・チェンツェン組と対戦した初日、1番でリードの1Wショットがいきなりバンカーに突っ込むと、ギャラリーからは“歓声”が起きた。2番(パー5)でも2打目をバンカーに入れ、3番(パー3)でもティショットが三たびバンカーへ。いずれも平然とピンに絡め、後半には自らの2バーディでタイに戻す粘りも見せたが、1ダウンで敗れた。

オーストラリアのギャラリーの反応について問われ「予想していた通りだよ」と受け流す横では、シンプソンが「ふさわしくない」という単語を2度繰り返した。(オーストラリア・メルボルン/亀山泰宏)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 プレジデンツカップ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。