ニュース

米国男子プレジデンツカップの最新ゴルフニュースをお届け

2019年 プレジデンツカップ
期間:12/12〜12/15 ロイヤルメルボルンGC(オーストラリア)

2連勝の黄金ペア 松山英樹&C.T.パンの巧みな駆け引き

◇世界選抜VS米国選抜対抗戦◇プレジデンツカップ 3日目(14日)◇ロイヤルメルボルンGC(オーストラリア)◇7055yd(パー71)

同じフォーマットで同じペアの再戦となったマッチに、松山英樹&パン・チェンツェン組が完勝した。初日にフォアボール(各選手が個人のボールを打ち、1ホールごとにペアで良い方のスコアを採用する)で対戦して1アップで競り勝っていたパトリック・リード&ウェブ・シンプソン組に対し、5アンド3(3ホール残して5アップ)と寄せ付けなかった。

巧みな駆け引きで勝利を決定づけた。3アップで迎えた後半13番のグリーン上。本来なら最も遠い12mにつけているパンからバーディパットを打つべきところで、松山が先にパターを構えた。5mを流し込み、拳を振り上げる。「CT(パン)が先に打つと、相手にラインが見えてしまう。僕が先に打った方がいいと思った」。リードもほぼ同じラインでパンより内側につけていた。手綱を緩めず4アップとし、難敵ペアの戦意をくじいた。

コンビを組むのは今大会が初めてながら、誰が見ても息が合っている。ティショットを打つ順番をマメに変えていた相手ペアとは対照的に、終始パンが先に打つなど戦略が確立されていた。飛距離で勝る松山は2打目もパンの後に打つ場面が増える中、持ち前のショット力を発揮して相棒の状況に自在に対応。松山がどっしりと後に控えることで、パンもアクセルを踏み込むことができる。ティイングエリアが前に出ていた前半6番では松山とコンタクトを取りながら番手を変え、果敢な攻めで1オンに成功。リードを広げていった。

松山は「僕のパッティングがなかなか思うように決まってくれなくて苦しかったけど、その分、CTが全部パッティングを入れてくれた」と同学年のペアへ感謝を口にした。「恐ろしく堅実なプレーヤー。グレートなチームメート」と松山を絶賛したパンは、「言葉で説明するのは難しいけど、僕らはすごく相性がいいんだ」とも言った。新たに発見された2人の化学反応は、世界選抜が快進撃を続けるメルボルンでひときわ輝きを放っている。(オーストラリア・メルボルン/亀山泰宏)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 プレジデンツカップ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。