ニュース

米国男子プレジデンツカップの最新ゴルフニュースをお届け

2019年 プレジデンツカップ
期間:12/12〜12/15 場所:ロイヤルメルボルンGC(オーストラリア)

【速報】松山英樹&パン・チェンツェンは3アップで後半へ

2019/12/14 08:34


◇世界選抜VS米国選抜対抗戦◇プレジデンツカップ 3日目(14日)◇ロイヤルメルボルンGC(オーストラリア)◇7055yd(パー71)

世界選抜の松山英樹パン・チェンツェン(台湾)は、米国選抜のウェブ・シンプソンパトリック・リードとフォアボール(各選手が個人のボールを打ち、1ホールごとにペアで良い方のスコアを採用する)で対戦し、前半9ホールを終えて3アップとリードして後半へ向かった。

初日と同じメンバー4人が再び顔をそろえ、白星の再現を狙う松山とパンは、序盤から抜群のかみ合いを見せて主導権を握った。1番をパンのバーディで先制すると、続く2番(パー5)は松山がバーディとして2アップ。4番でダウンを喫したが、短いパー4の6番ではパンが1打目でグリーンに乗せて獲り返し、流れを呼び戻した。

2日目を終えて世界選抜が3ポイントをリードし、松山は1勝1敗の成績。フォアボール後には引き続き、組み替えを経てフォアサム(1つのボールを交互に打つ)のダブルス4マッチが行われる。

<3日目フォアボールの組み合わせ>
世界選抜 VS 米国選抜
李昊桐M.レイシュマン VS R.ファウラーJ.トーマス
A.アンセルイム・ソンジェ VS X.シャウフェレP.カントレー
松山英樹パン・チェンツェン VS W.シンプソンP.リード
アン・ビョンフンA.スコット VS T.フィナウM.クーチャー

3日目午前のフォアボールがスタート 松山英樹は3組目に登場

◇世界選抜VS米国選抜対抗戦◇プレジデンツカップ 3日目(14日)◇ロイヤルメルボルンGC(オーストラリア)◇7055yd(パー71)

計8マッチが組まれた大会3日目は、フォアボール(各選手が個人のボールを打ち、1ホールごとにペアで良い方のスコアを採用する)のダブルス4マッチがスタート。小雨が降る現地時間の午前7時2分(日本時間の同5時2分)に、第1組を回る世界選抜の李昊桐(中国)とマーク・レイシュマン(オーストラリア)、米国選抜のリッキー・ファウラージャスティン・トーマスの対戦が始まった。

2日目を終えた時点で、世界選抜が6.5-3.5と3ポイントリード。ここまで1勝1敗の松山英樹は、同7時30分(同5時30分)の第3組でパン・チェンツェン(台湾)と組み、ウェブ・シンプソンパトリック・リードと対戦する。同じ顔合わせになった初日は、松山&パン組が1アップで白星を飾った。

米国選抜の選手兼主将を務めるタイガー・ウッズは、午前中のフォアボールをスキップした。

午後は再び組み合わせ選考を行い、フォアサム(1つのボールを交互に打つ)のダブルス4マッチを行う。

<3日目フォアボールの組み合わせ>
開始時間(日本時間)世界選抜 VS 米国選抜
7:02(5:02) 李昊桐M.レイシュマン VS R.ファウラーJ.トーマス
7:16(5:16) A.アンセルイム・ソンジェ VS X.シャウフェレP.カントレー
7:30(5:30) 松山英樹パン・チェンツェン VS W.シンプソンP.リード
7:44(5:44) アン・ビョンフンA.スコット VS T.フィナウM.クーチャー

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 プレジデンツカップ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!