ニュース

米国男子ザ・RSMクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

2019年 ザ・RSMクラシック
期間:11/21〜11/24 シーアイランド・リゾート シーサイドコース(ジョージア州)

小平智は手探りのノーボギー 終盤に好セーブ連発

2019/11/22 09:30


◇米国男子◇ザ・RSMクラシック 初日(21日)◇シーアイランドリゾート(ジョージア州)◇シーサイドコース(7005yd/パー70)プランテーションコース(7060yd/パー72)

日本勢でただひとり出場の小平智は2アンダーの43位タイでスタートした。全選手が2コースを回る予選ラウンド。初日はシーサイドコースを回り「ちょっとラインが読めていない」とバミューダ芝のグリーンで苦労しながら、2バーディ、ノーボギーで切り抜けた。

メキシコでの前週「マヤコバクラシック」に続き、米国本土でもショットは安定した。9月のハリケーン(ドリアン)の影響で一部エリアの木が折れたコースで、フェアウェイキープ率は85.71%。前半5番、PWで残り115ydの第2打をピン手前2.5mに、9番は8Iでの2打目を3mにつけてバーディを奪った。

「良い感じで回れて、2つバーディが来て、気持ちも楽になった」として迎えた後半は、事前ラウンドでプレーできなかった9ホールでパーが並んだ。「安全にやって、あまり攻めきれず、バーディチャンスにもそこまでつかなかった」。終盤は好セーブの連続。16番はグリーン右のバンカーから“OK”に、17番(パー3)は2.5mのパットをねじ込んだ。最終18番もバンカーショットを成功させ、ボギーなしで終えた。

首位のウェブ・シンプソンとは5打差にいる。2日目はプランテーションコースが相手。「池ではなく、どちらかというと木の圧迫感がある。あしたからも頑張ります」。決勝ラウンドは再びシーサイドコースが会場。2試合連続の予選通過を決めて帰ってきたい。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 ザ・RSMクラシック




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。