ニュース

米国男子プレジデンツカップの最新ゴルフニュースをお届け

2019年 プレジデンツカップ
期間:12/12〜12/15 ロイヤルメルボルンGC(オーストラリア)

「代表、オレ」 ウッズが異例の“監督兼選手”/世界・米国対抗戦

2年に1度の世界選抜と米国選抜との対抗戦「プレジデンツカップ」(12月12日~15日、オーストラリア・ロイヤルメルボルンGC)で、米国選抜主将のタイガー・ウッズは7日、出場12選手のうち主将の権限で指名する4選手を発表。自らを代表選手に指名した。

プレジデンツ杯の主将はチーム競技の監督の役割を務め、通常は自らプレーしない。“監督兼選手”は1994年の第1回大会のヘイル・アーウィン以来2人目となる。世界選抜主将のアーニー・エルス(南アフリカ)は選手としては出場しない。

ウッズは今年、4月の「マスターズ」(2018-19年シーズン)で11年ぶりにメジャーを制覇。10月に日本で開催された「ZOZOチャンピオンシップ」(19-20年シーズン)で、米ツアー最多に並ぶ通算82勝目を挙げた。3日時点の世界ランキングでは、7位につける。

世界ランク100位台だった2018年3月に主将就任が決まっており、独自のランキングに基づいて今年8月に自動選出された代表選手8人には含まれていなかった。

自らのほかにトニー・フィナウパトリック・リードゲーリー・ウッドランドを指名した。

世界選抜は松山英樹アダム・スコット(オーストラリア)らが自動選出され、ジェイソン・デイ(同)らが主将指名で代表選手に選ばれた。

<世界選抜 主将アーニー・エルス
マーク・レイシュマン(オーストラリア)、松山英樹ルイ・ウーストハイゼン(南アフリカ)、アダム・スコット(オーストラリア)、アブラム・アンセル(メキシコ)、李昊桐(中国)、パン・チェンツェン(台湾)、キャメロン・スミス(オーストラリア)、イム・ソンジェ(韓国)、ホアキン・ニーマン(チリ)、アダム・ハドウィン(カナダ)、ジェイソン・デイ(オーストラリア)

<米国選抜 主将タイガー・ウッズ
ブルックス・ケプカジャスティン・トーマスダスティン・ジョンソンパトリック・カントレーザンダー・シャウフェレウェブ・シンプソンマット・クーチャーブライソン・デシャンボートニー・フィナウパトリック・リードゲーリー・ウッドランドタイガー・ウッズ

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 プレジデンツカップ

  • 2019/12/12~2019/12/15
  • ロイヤルメルボルンGC(オーストラリア)



特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
プレジデンツカップ中継をGDOで連日無料放送 GOLFTV
GDOでは初日から最終日の4日間、試合開始から午前11時(日本時間)まで、GOLFTVによるライブ中継を無料で配信します。2年に1度の熱戦をお見逃しなく!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。