ニュース

米国男子ニッサンオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2007年 ニッサンオープン
期間:02/15〜02/18 リビエラCC(カリフォルニア州)

C.ハウエルIIIがP.ミケルソンとのプレーオフを制して優勝!

カリフォルニア州にあるリビエラCCで行なわれている、米国男子ツアー第7戦「ニッサンオープン」の最終日。フィル・ミケルソンチャールズ・ハウエルIIIが、通算16アンダーで首位に並びプレーオフへ突入。これを制したチャールズ・ハウエルIIIが、2002年10月以来となるツアー2勝目を飾った。

4位タイからスタートしたハウエルIIIは、2度の2連続バーディを奪うなど計7つのバーディを奪取。2番で唯一のボギーを叩いたもののスコアを6つ伸ばし、通算16アンダーでホールアウト。単独トップからスタートしたミケルソンはこの日も順調にスコアを伸ばしていたが、後続に1打差をつけて迎えた最終18番で痛恨のボギーを叩き、2人によるプレーオフに突入した。

決着がついたのは、14番パー3で行なわれたプレーオフ3ホール目。ここでハウエルIIIがパーをセーブしたのに対し、ミケルソンはボギーを叩いてしまい勝負あり。ミケルソンはツアー2連勝を逃し、ハウエルIIIはツアー2勝目を獲得した。

通算13アンダーの3位タイは、アーニー・エルス(南アフリカ)、ロバート・アレンビー(オーストラリア)、ジム・フューリックの3人。通算11アンダーの単独6位にはセルヒオ・ガルシア(スペイン)が入っている。

注目選手では、ビジェイ・シン(フィジー)が通算4アンダーの29位タイでフィニッシュ。日本の今田竜二は3バーディ、4ボギー、1ダブルボギーと出入りの激しいゴルフとなり、スコアを3つ落として通算3オーバーの65位タイ。丸山大輔もボギーが先行する苦しい展開でスコアを崩し、通算6オーバーの74位。丸山茂樹もスコアを5つ落とし、通算8オーバーの77位タイに終わった。

おすすめ記事通知を受け取る

2007年 ニッサンオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。