ニュース

米国男子マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

2018年 マスターズ
期間:04/05〜04/08 オーガスタナショナルGC(ジョージア州)

パトリック・リードがマスターズ初優勝 松山英樹は19位

◇メジャー第1戦◇マスターズ 最終日(8日)◇オーガスタナショナルGC(ジョージア州)◇7435ヤード(パー72)

首位から出たパトリック・リードが4バーディ、3ボギーの「71」で回り通算15アンダーで優勝した。猛追したリッキー・ファウラージョーダン・スピースを振り切ってメジャー初制覇を挙げた。

27歳のリードは2013年「ウィンダム選手権」で米ツアー初優勝。翌14年の「WGCキャデラック選手権」を23歳7カ月5日で制し、世界選手権シリーズ最年少優勝を更新した。16年の「ザ・バークレイズ」を最後にタイトルから遠ざかっていたが、ツアー通算6勝目とした。

通算14アンダーの2位にファウラー。首位と9打差の5アンダー9位から出たスピースは9バーディ、1ボギーの「64」で回り、通算13アンダーの3位。スピースは最終ホールをボギーとし、大会18ホールの最少ストロークに1打及ばなかった。

キャリアグランドスラムのかかったロリー・マキロイ(北アイルランド)は首位と3打差の2位から「74」とし、通算9アンダーの5位に終わった。

21位から出た松山英樹は4バーディ、1ボギーの「69」で回って通算3アンダーの19位、初出場の小平智は通算イーブンパーの28位だった。

3年ぶり出場のタイガー・ウッズは「69」でプレーし、通算1オーバーの32位で終えた。

21歳のダグ・ギームが通算8オーバーの50位でローアマチュアになった。

関連リンク

2018年 マスターズ




特集

2018フェデックスカッププレーオフ 1000万ドルは誰の手に!?
1000万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹と小平智の現在地も!
HIGHLIGHT 永野竜太郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~