ニュース

米国男子スタンフォード・セントジュード選手権の最新ゴルフニュースをお届け

首位のT.クラークを「マスターズ」覇者T.イメルマンが追う!

テネシー州にあるTPCサウスウィンドで開催されている、米国男子ツアー第23戦「スタンフォード・セントジュード選手権」の3日目。この日のベストスコア「64」をマークしたティム・クラーク(南アフリカ)が単独首位に浮上している。

26 位タイからスタートしたクラーク。アウトの前半は1バーディ、後半もしばらくはスコアを伸ばせないでいたが、終盤にさしかかった14番から突如覚醒。 14、15番と連続バーディを決めた後、16番でイーグルをマーク。最終18番もバーディで締め、通算5アンダーの単独首位に躍り出ている。米ツアー初勝利に王手をかけ、最終日を迎える。

首位のクラークを追うのは、同郷のトレバー・イメルマン。「マスターズ」を制して以降は精彩を書いていたが、メジャー第2戦「全米オープン」を翌週に控え、調子を上げてきた。イメルマンを含め、ビル・ハースアレックス・チェイカ(ドイツ)ら5人が通算3アンダーの2位タイに並んでおり、混戦の中から逆転優勝を狙う。

通算2アンダーの7位タイには、優勝候補のビジェイ・シン(フィジー)、再浮上したジャスティン・レナードら4人。続く通算1アンダーの11位タイには、パドレイグ・ハリントン(アイルランド)、ブー・ウィークリーら5人。これら有力選手が最終日、どのようなプレーを見せるのか楽しみだ。また、前回覇者のウッディ・オースティンは、通算6オーバーの59位タイ。連覇は極めて厳しい状況となっている。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 スタンフォード・セントジュード選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。