ニュース

米国男子全米オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2008年 全米オープン
期間:06/12〜06/15 トーレパインズGC(カリフォルニア州)

首位は伏兵2名!タイガー、ミケルソンは無難

海外メジャーの第2戦「全米オープン」が、カリフォルニア州のトーレパインズGCにて開幕した。世界屈指のナショナルオープンは、毎年イーブンパーもしくはオーバーパーでの優勝争いが繰り広げられるが、今大会初日はアンダーパーでラウンドする選手は11人も現れた。

3アンダーで首位に立ったのはジャスティン・ヒックスケビン・ストリールマンの2人。ともに予選会から勝ち上がってきた選手で、PGAでの実績は目立ったものがなく、2日目以降も好位置をキープできるか注目だ。

首位と1打差の2アンダー3位タイにはスチュアート・アップルビージェフ・オギルビーのオーストラリア勢と米国のエリック・アックスリー、ロコ・メディエイトの4人が並んだ。さらに1打差の1アンダー7位タイにはアーニー・エルス(南アフリカ)、リー・ウェストウッド(イングランド)など5人が並んでいる。

注目の対決となったタイガー・ウッズフィル・ミケルソンの戦いは、ミケルソンがイーブンパーの12位タイ、タイガーは 1オーバーの19位タイとまずまずのスタート。タイガーは1番でダブルボギースタート。ミケルソンは前半に3連続ボギーを叩いたが、2人ともその後はスコアをまとめた。

今大会日本からは片山晋呉谷口徹今田竜二が出場。今田、谷口は3オーバーで踏ん張り49位タイにつけ、まずは2日目の予選突破を目指す。片山は9番でダブルボギーを叩くなど6オーバー、100位タイ。予選突破のためには2日目の巻き返しが必要となった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2008年 全米オープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。