ニュース

米国男子全英オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2008年 全英オープン
期間:07/17〜07/20 ロイヤルバークデール(イングランド)

世界の強豪が、8人の日本勢が「全英」に新たな歴史を刻む

海外メジャー第3戦「全英オープン」が7月17日(木)から20日(日)まで4日間に渡り、イングランドにあるロイヤルバークデールで開催される。今年で137回を数え、ゴルフ界で最古の歴史を誇る今大会。例年、舞うような強風が吹き荒れるリンクスコースが舞台に選ばれ、最後まで予測不能なドラマを演出する。

昨年大会も、最後の最後まで目の離せない熱戦が演じられた。セルヒオ・ガルシア(スペイン)が2位に3打差をつけて最終日へ。待望の初メジャータイトル獲得かと思われたが、通算7アンダーで並んでホールアウトしたパドレイグ・ハリントン(アイルランド)とのプレーオフに突入。3ホールをパーで分け合い、迎えた4ホール目でバーディを奪ったハリントンがメジャー初勝利を飾った。

過去3度の優勝を誇り、メジャー第2戦「全米オープン」で歴史的な一戦を制したタイガー・ウッズは、膝の再手術を受けたためにメジャー戦では初となる欠場。変わって、今大会で最も高い注目を浴びているプレーヤーはガルシアだ。昨年大会の惜敗は、今大会に向けて高いモチベーションを継続させているはず。準メジャーと称される「ザ・プレーヤーズ」を制すなど、昨年のリベンジを果たす準備は整っている。また、ディフェンディングチャンピオンのハリントン、「全英」初勝利を狙うフィル・ミケルソン、イングランドの若きホープ、ジャスティン・ローズら実力者たちが覇権を争う。

そして期待の日本勢は、今季の米国PGAツアーで初勝利を挙げた今田竜二、2006年大会で5位タイに入った谷原秀人のほか、谷口徹矢野東松村道央塚田好宣岩田寛甲斐慎太郎の8人が出場する。飛距離のアドバンテージだけではスコアが伸ばせないコースセッティングなだけに、日本勢が活躍するチャンスは十分にある。

【主な出場選手】
P.ミケルソンS.ガルシアP.ハリントンJ.フューリックA.スコットE.エルスJ.ローズ今田竜二谷口徹谷原秀人矢野東松村道央塚田好宣岩田寛甲斐慎太郎

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2008年 全英オープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。