ニュース

米国男子チューリッヒクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

月曜プレーオフは4ホールで決着 ブリクスト&スミスが優勝

◇米国男子◇チューリッヒクラシック 最終日(1日)◇TPCルイジアナ(ルイジアナ州)◇7425yd(パー72)

日没順延のため、1日(月)に持ち越されたヨナス・ブリクスト(スウェーデン)とキャメロン・スミス(オーストラリア)のペアと、ケビン・キスナーとスコット・ブラウンのコンビによるプレーオフが行われた。ブリクスト&スミス組が4ホール目をバーディとしキスナー&ブラウン組を振り切り、優勝した。

プレーオフは、フォアボール(各選手が自分のボールを打ち、各ホールで良い方のスコアを採用)で争われた。両チームは3ホール目まで互いにパーを譲らなかったが、4ホール目でスミスがバーディを奪い、勝負が決着した。

米ツアー2勝ながら世界ランク256位の33歳・ブリクストと、23歳でランク114位のスミス。2人には2年間のシードに加え、「ザ・プレーヤーズ選手権」や「全米プロゴルフ選手権」の出場権が与えられる。

前日の第4ラウンドをともに最終組で回った2組は、最終18番でキスナー&ブラウン組がイーグルを奪って逆転した後、ブリクストとスミスのペアがバーディを奪い返して並ぶという劇的な展開で、プレーオフに突入した。

松山英樹谷原秀人のペアは32位で終えている。

◇米国男子◇チューリッヒクラシック 4日目(30日)◇TPCルイジアナ(ルイジアナ州)◇7425yd(パー72)

雷雲接近で6時間以上の中断を挟んだ最終ラウンドは、通算27アンダーで並んだヨナス・ブリクスト(スウェーデン)とキャメロン・スミス(オーストラリア)組とケビン・キスナーとスコット・ブラウン組のプレーオフを残して日没サスペンデットになった。

フォアボール形式(各選手が自分のボールを打ち、各ホールで良い方のスコアを採用する)で争われた最終日。首位から出たブリクスト、スミス組は「64」で回ったが、2位から出たキスナー、ブラウン組が「60」をたたき出して4打差を追いついた。

最終18番(パー5)でドラマが生まれた。1打差に迫ったキスナー、ブラウン組は、キスナーが残り34ydからチップインイーグルを奪って土壇場で逆転。だが、直後にスミスが残り57ydの左ラフからの3打目を40cmに寄せてバーディを奪い返した。興奮冷めやらぬまま正規のラウンドを終えると順延が決まった。

「61」を出したケリー・クラフトケビン・ツエー組が通算23アンダーで3位。ジョーダン・スピースライアン・パーマーのペアは通算22アンダーで4位だった。

松山英樹谷原秀人のペアは7バーディ、ボギーなし「65」でプレーして通算13アンダー32位で終えた。

プレーオフはあす朝8時からフォアボール形式で行われる。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2017年 チューリッヒクラシック




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。