2014/04/15PGAコラム

ご褒美を受けとったワトソンの2勝目

を許さず、勝利を手にした。そして2年ぶりにこの「グリーン・ジャケット」に袖を通した。 スピースともう1人のルーキー、ナスブリクストに3打差をつけたワトソン。この差は2010年にフィル・ミケルソンが
2014/04/12ヨーロピアンツアー公式

B.ワトソン追撃へ万全のビヨーン

ディフェンディングチャンピオンというプレッシャーから解き放たれたバッバ・ワトソンが、2年ぶりの「マスターズ」2勝目へ向け前進するなか、トーマス・ビヨーンとナスブリクストは1999年以来となる欧州
2014/04/14ヨーロピアンツアー公式

偉大なるバッバがグリーンジャケットを奪還

今年の「マスターズ」は米国のバッバ・ワトソンが2年ぶりとなる2勝目を挙げて幕を閉じた。2位タイには、そろって「マスターズ」初出場だったナスブリクストとジョーダン・スピースという2人のルーキーが
2014/04/09PGAコラム

歴史的なマスターズルーキーたちが観客を沸かせる

ナショナル初出場となる、ハリス・イングリッシュとナスブリクストはすでにツアー2勝、他6名は1勝ずつを挙げている。 29年連続でマスターズのブロードキャストを務めているCBSのジム・ナンツが、今年の若手
2014/10/17ヨーロピアンツアー公式

ララサバル 最終ホールで辛くも接戦制す

。 マコーマック組では全選手が2ポイントで並んでグループステージ最終戦を迎える展開になった。 初日ポール・ケーシーに敗れたジェイミー・ドナルドソンはナスブリクストを3&2で下し、ケーシーはパトリック
2014/04/13PGAコラム

「マスターズ」で健在ぶりを見せるシニアツアー選手

かって? もちろん。勝てると思う。まあ、かなりいいプレーをしないとね。でも、バッバ・ワトソンだってそうだし、躍進中のジェイミー・ドナルドソンもだ。ナスブリクストもね。皆、しっかりとプレーしないと
2014/07/03PGAコラム

パワーランキング: ザ・グリーンブライアークラシック

する。 昨年の「ザ・グリーンブライアークラシック」を例にあげると、2位と2打差で優勝したナスブリクストは、平均飛距離、フェアウェイキープ率、パーオン率で40位より下の数字を記録。ブリクスト
2016/11/06シュライナーズホスピタルforチルドレンオープン

朝イチの準備開始も…石川はバーディどまりで1打届かず

た16番(パー5)。右サイドに切られたピンに対し、同組で回ったナスブリクスト(スウェーデン)は2打目を安全なグリーン左奧へと外していた。 「あれすらできないというか。本来、ピンの左でいいと思って
2015/08/23ウィンダム選手権

タイガー・ウッズの首位争い 競う選手らの思いは?

2年ぶりの優勝を狙うウッズの脅威は、選手によって受け止め方に微妙な差が出てきている。 この日「62」のビックスコアを叩きだして2位タイで最終日を迎えることになったナスブリクスト(スウェーデン)は
2014/10/18ヨーロピアンツアー公式

リードがドナルドソンを退けベスト8進出

ホールを奪って望みをつなげ、続くパー3の16番でもティショットをピンそば数十センチにつけるも、リードもこのホールをバーディとしたため、勝負は決した。 初戦でナスブリクストに敗れたものの、続く第2戦では
2016/02/15AT&Tペブルビーチナショナルプロアマ

「情けない」岩田寛はため息 4位健闘のご褒美は?

、2組前を回るナスブリクストと首位で並んだ。 だが、あと一歩が抜け出せない。「ショットがひどいので、しのぐことしかできなかった。12番から一度もパーオンできなかった」。18番のグリーン方向から吹いて
2018/07/16記録

「全英オープン」出場者&資格

「エミレーツ オーストラリアオープン」上位3人 ナスブリクスト キャメロン・デービス マット・ジョーンズ 29:南アフリカ予選会/2017年「ヨハネスブルグオープン」上位3人 ショーン・ノリス シュバン…
2015/04/10ヨーロピアンツアー公式

14個の数字で振り返る2015年マスターズ初日

カミロ・ビジェガスによる本日のアーメンコーナー(11~13番)の最少ストローク数。 「3」 この日の11番でのバーディ数。このバーディ数は全18ホールの中で最少。パトリック・リード、ナスブリクスト
2014/03/04ヨーロピアンツアー公式

ブルーモンスターでの戴冠を狙う豪華欧州勢

に、素晴らしいパフォーマンスの再現を期待している。 キラデク・アフィバーンラト、ナスブリクスト、ブレンドン・デ・ヨング、ジョン・ジン、ジュースト・ルイテン、ブレット・ラムフォード、ピーター
2014/04/12PGAコラム

首位に4打差で決勝へ 夢の実現に1歩前進のスピース

終えたスピースは、トーナメントの前半戦を終えてディフェンディング王者のアダム・スコットのほか、トーマス・ビヨーン、ナスブリクストと3位タイで並んだ。明日はオーストラリア出身として大会史上初めて優勝