ニュース

米国男子AT&Tペブルビーチプロアマの最新ゴルフニュースをお届け

スピースが6打差独走で今季初勝利に王手 岩田寛は予選落ち

◇米国男子◇AT&Tペブルビーチプロアマ 3日目(11日)◇ペブルビーチGL(6816yd、パー72)、スパイグラスヒルGC(6953yd、パー72)、モントレーペニンシュラCC(6958yd、パー71=すべてカリフォルニア州)

悪天候で順延されていた第2ラウンドから再開され、全選手が3コースを回る3日間54ホールの予選ラウンドを完了した。ジョーダン・スピースがペブルビーチGLで「65」をマークし、通算17アンダーとして後続に6打差をつけて単独首位に立った。

<< 下に続く >>

アウトから出たスピースは1番からいきなり2連続バーディ。残り166ydの2打目をピンそば3mにつけた9番からの3連続バーディで一気に後続を突き放した。最終18番(パー5)はフェアウェイからの3打目を10cmにピタリと寄せ、大歓声の中でバーディフィニッシュした。

ボールが不規則に転がりやすい午後のポアナ芝のグリーンをものともせず、後半インはわずか10パットという出来に「これほどパッティングがいい日もない。1.2mくらいのパットでも本当に難しかったんだから」と満足げ。54ホールを終えた段階で付けた後続との6打のリードは、スピースにとってこれまでの最大ストローク差。「オーガスタ(4月のマスターズ)の前にまずひとつ勝ちたいんだ」と、今季初勝利への準備は整った。

通算11アンダーの2位に2015年大会王者のブラント・スネデカー。3日間スピースと同組でプレーしたダスティン・ジョンソンが、ケリー・クラフトと並び10アンダーの3位で続いた。

プロアマ形式で行われる同大会は通算イーブンパー66位タイまでの選手が予選を通過。66位タイの選手はMDF(最終日の出場選手数制限)となり、通算1アンダー53位タイまでの65人が、最終日にペブルビーチGLで行われる決勝ラウンドをプレーする。

日本勢でただひとり出場の岩田寛はこの日、第2ラウンドの未消化分から再開。ペブルビーチで持ち越していた6ホールを回り「72」とした後、モントレーペニンシュラCCで「74」とスコアを落とし、通算3オーバー100位タイで予選落ちした。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2017年 AT&Tペブルビーチプロアマ




特集

ランキング
東京五輪や実力派アマチュアの登場など話題の多かった2021年下半期。上半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!