ニュース

米国男子ザ・メモリアルトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

2015年 ザ・メモリアルトーナメント
期間:06/04〜06/07 ミュアフィールドビレッジGC(オハイオ州)

松山英樹が連覇へ絶好のスタート! 「64」で自身2度目の首位発進

◇米国男子◇ザ・メモリアルトーナメント 初日◇ミュアフィールドビレッジGC(オハイオ州)◇7392yd(パー72)

前年に米国ツアー初優勝を飾った思い出の地で、松山英樹が会心の滑り出しを見せた。最終組の4組前からスタートした初日を8バーディ、ノーボギー「64」でプレーし、8アンダーは先月「ザ・プレーヤーズ選手権」に続く自身2度目の首位スタート。1999年から3連勝したタイガー・ウッズ以来、2人目の大会連覇に向けて絶好のスタートを切った。

ショット、パットともに冴え渡った松山は、序盤からバーディ量産モード。2番、3番といずれも4m前後を決めてバーディを先行させると、7番(パー5)で2m、9番では140ydの2打目を50センチに絡め、4アンダーで折り返す。さらに、2オン2パットとした後半11番(パー5)からの4連続バーディで加速をつけ、一気に首位を捕らえた。

この日、フェアウェイとグリーンを外したのはともに1度のみ。「ショットが良かった分、良いパットも決めることができた。ここに向けて良い調整ができればいいと思っていたけれど、良いプレーができて最高です」と圧巻のプレー内容を振り返った。

松山と並ぶ首位タイにボー・バン・ペルト、6アンダーの3位にラッセル・ノックス(スコットランド)とジェイソン・ダフナーが続き、さらに1打差の5位にハリス・イングリッシュライアン・ムーアら7人がグループを形成している。

大会5勝を誇るタイガー・ウッズは1オーバー85位と低調なスタート。午前組から出た石川遼は2バーディ、5ボギー「75」と落とし、3オーバー102位と出遅れた。

関連リンク

2015年 ザ・メモリアルトーナメント




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~