ニュース

米国男子ビュイックオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2001年 ビュイックオープン
期間:08/09〜08/12 ウォーウィックヒルズG&CC(ミシガン州)

K.ペリーの逃げ切り。6年ぶりツアー4勝目を飾った

2001/08/13 09:00


米国男子ツアー「ビュイック オープン」の最終日。2日目に抜け出し、3日目も64をマークし2位に5打差のリードを奪ったK.ペリーが、最終日は69と平凡なスコアとなったが逃げ切りに成功した。

最終日のペリーはこれまでの3日間とは異なっていた。運にも恵まれず奪ったバーディは3つ。しかし、ボギーを1つも叩かない粘り強いゴルフで通算25アンダーをマーク、6年ぶりのツアー4勝目を上げた。

2位には初日首位に立ち、最終日を2位で迎えたJ.フューリックと、決勝ラウンドに入り連日65をマークしたC.ディマルコが23アンダーで並んだ。現在賞金ランキング20位代前半の2人とって、今年のライダーカップに出場する為には、今週、そして次週の全米プロで少しでも賞金を稼ぎポイントを増やさなければならない。

この大会は連日ハイスコアの出る展開となったが、最終日に凄い記録が出た。6アンダー56位からスタートしたB.メイフェアが、前半こそ6番、9番の2バーディとなったが、その後が驚きだった。10番パー4でイーグルを奪うと、11番から16番まで連続バーディ、最後は18番でおまけのバーディという感じで後半だけで9アンダーの27を記録した。これはツアー記録タイとなるが、9番のバーディから1イーグルを含む8連続バーディは、間違いなくツアー新記録となった。

日本の今井克宗もスコアを伸ばした。初めての米ツアー挑戦で予選を突破した今井は最終日を向かえ「全ホールバーディを狙うつもりで行く」という言葉どおり攻め続けた。前半2つ伸ばし、後半は5つのバーディを奪うチャージを見せた。17番パー3で唯一のボギーを叩いたが、この日6アンダー、通算12アンダーで35位に食い込んだ。

29歳の今井を若手とは言いにくいが、ゴルフを始めたのは21歳。プロテストに3度失敗し、米国のミニツアーで経験をつんで日本ツアーの資格を掴んだという変わった経歴をもつ。日米で活躍できる注目の選手が出現した。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2001年 ビュイックオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。