ニュース

米国男子ソニーオープンinハワイの最新ゴルフニュースをお届け

2013年 ソニーオープンinハワイ
期間:01/10〜01/13 場所:ワイアラエCC(ハワイ州)

ルーキーのS.ラングレーが暫定首位 池田は暫定45位、松山は出遅れ

◇米国男子◇ソニーオープンinハワイ 初日◇ワイアラエCC(ハワイ州)◇7,068ヤード(パー70)

強風に見舞われた先週の開幕戦から一転し、穏やかな晴天に恵まれた初日。日没により3名がホールアウトできずサスペンデッドとなる中、自身初のシーズンフル参戦となる23歳、ルーキーのスコット・ラングレーが1イーグル、6バーディの「62」でホールアウト。8アンダーで暫定単独首位に立っている。

<< 下に続く >>

4人が出場している日本勢は全員がホールアウトし、4バーディ、3ボギーの「69」でラウンドした池田勇太が1アンダー暫定45位タイで最上位。谷原秀人はイーブンパーの暫定71位タイ、今田竜二は2オーバーの暫定109位タイ。3年連続出場となるアマチュアの松山英樹は、3つのダブルボギーを叩くなど「74」と崩れ、4オーバー暫定130位タイと大きく出遅れた。

ラングレーは昨年末のファイナルQTを17位タイで突破し、今季ツアー出場権を獲得。アマ時代からその名を馳せ、2010年の「全米オープン」では16位タイに入りローアマチュアに輝いた米国期待の若きレフティだ。前半2番からの3連続バーディ、さらに9番(パー5)では、2オンから約17メートルのロングパットを沈めてイーグル奪取。23パットとグリーン上で冴え渡り、シーズン初戦をこれ以上ない素晴らしいものとしている。

上位では、7アンダーの単独2位にラングレーと同じ23歳のラッセル・ヘンリー。6アンダーの3位タイにスコット・ピアシーティム・クラーク(南アフリカ)が続く。前年度優勝者のジョンソン・ワグナーは1オーバーの暫定88位タイで終えた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2013年 ソニーオープンinハワイ




特集

2021年上半期ランキング
日本勢の歴史的な快挙が続く2021年。2020年下半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。意外な理由で注目度が上がった選手も! 1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!