ニュース

米国男子プレジデンツカップの最新ゴルフニュースをお届け

2013年 プレジデンツカップ
期間:10/03〜10/06 場所:Muirfield Village Golf Club

世界選抜の巻き返し及ばず…米国選抜が通算8勝目!松山英樹は不発

◇世界選抜VS米国選抜対抗戦◇プレジデンツカップ 最終日◇ミュアフィールドビレッジGC(オハイオ州)◇7354ヤード(パー72)

前日サスペンデッドとなったフォアサム・マッチプレー未消化分4試合に続き、最後のシングルス・マッチプレー12試合が実施され、結局、米国選抜が18.5-15.5で世界選抜に勝利した。米国選抜はこれで引き分けを挟み6連勝。通算成績を8勝1敗1分けとした。

<< 下に続く >>

前日未消化分のフォアサムでは、松山英樹アダム・スコット(オーストラリア)組が11番ホール、2ダウンから再開し、最終的に4&3でビル・ハーススティーブ・ストリッカー組に完敗。世界選抜はこのセッションで1勝1分3敗と負け越し、米国選抜に8-14と大差のリードを許した。

引き続き行われたシングルス戦では、世界選抜が猛追を見せた。トップで出た松山英樹ハンター・メイハンに3&2で敗れたが、第2試合でアーニー・エルス(南アフリカ)がスティーブ・ストリッカーに1アップで勝利。第4試合のジェイソン・デイ(オーストラリア)がブラント・スネデカーを、第5試合でグラハム・デリュー(カナダ)がジョーダン・スピースを、第6試合でスコットがビル・ハースを破り3連勝でムードを作った。

以降もマーク・レイシュマン(オーストラリア)、チャール・シュワルツェル(南アフリカ)、アンヘル・カブレラ(アルゼンチン)が3勝を挙げ、このセッションは世界選抜が7勝1分4敗と勝ち越し。意地を見せた形とはなったが、逆転には至らなかった。

大会初出場となった松山はダブルス4試合、シングルス1試合とフル出場し、1勝1分3敗で終えた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2013年 プレジデンツカップ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!